【私の生き方】インタビューが反響を呼んだ東あずささん。アスリートモデルという新たなジャンルで輝く彼女の魅力を、柔術を通して紐解く連載がスタート。連載1回目は、最近よく耳にするようになった柔術について、東さんの師匠でもある「CARPE DIEM BRAZILIAN JIU-JITSU」代表の石川祐樹さんと対談。

今、フィットネスブームが拡大中

東「以前に比べると、より本格的なフィットネスをしている女性が増えたと思うんですけど、柔術はフィットネスのジャンルに入るんですか?」

石川「正確には格闘技だけど、全身運動だから、シェイプアップされたり、筋肉がついたり、フィットネスの要素もあるかなと思います。ただ、カラダを使うだけでなく、頭を使うところが柔術のポイントです」

東「こんなに頭を使うんだって、実際にはじめてみて驚きました。学生の頃、柔道をやっていましたが、柔道は体格や筋力が大切だったりするけど、ブラジリアン柔術は、技を先読みするテクニックも必要で、チェスみたいだな〜って。心理戦をしている感じです!」

石川「打撃よりも、一手でも多く先を読んで技を仕掛けるプロセスがとても重要。他の競技に比べると体力はあまり使わないから、女性でも男性に勝てることができる」

東「だからなのか、競技していると、ついついムキになってしまうんです(笑)」

石川「女性のほうが感情が高ぶりやすいかもしれないね。試合の審判をしていると、女性の試合は怖いと思う時があります。はじめは、ダイエット目的ではじめた人も、試合に出場するぐらい本格的に取り組むようになる人も少なくはないので、一度体験するとその魅力にハマるのかなと」

東「確かに! 私自身もやればやるほど、柔術の奥深さを感じて、どんどん極めたいって思っています。

ダイエットの面でいうと、今、海外のモデルさんの間でも、柔術でボディメイキングしている人増えてきているし、BJJ(ブラジリアン柔術の頭文字)ガールって言葉も浸透してきてますよね」

ミス・ユニバース候補生も柔術をやっていた?

石川「実は、数年前のミス・ユニバースの日本代表の候補生合宿で、柔術を教えたことがあります。その時は、どちらかというと防犯対策の要素が強かったけど、インナーマッスルを鍛えるにはいい競技ではありますね。候補生の中には、数時間やっただけで、カラダつきに変化が現れた人もいるぐらい」

東「自分の安全を守れて、カラダも引き締まるから一石二鳥ですね! 私自身は、試合出場を目指していますし、帯の色にもこだわりたいと思っていますが、ダイエット目的でも、防犯対策のためでも、どんな理由でもいいので、柔術を体験してみてもらいたいです」

石川「柔術にはストイックな印象が強いと思うんですが、ヨガやランニングをする感覚ではじめてもらえたらうれしいですね」

東「海外では、男女ミックスのクラスが一般的なぐらい、女性がやっていることがめずらしくないことだから、一緒に柔術を楽しみましょう♪」

Information

レプロエンターテイメントに所属するモデル総出演の『モデルール』が発売中!

第一線で活躍する彼女たちの美の秘訣、魅力をたっぷり詰め込んだ本を読んで、女子力をアップしよう。