13日、英俳優ベネディクト・カンバーバッチが香港で記者会見を開き、映画「ドクター・ストレンジ」をPR。ファンイベントでは押し寄せた大勢のファンが熱い声援を送った。

写真拡大

2016年10月13日、英俳優ベネディクト・カンバーバッチが香港で記者会見を開き、映画「ドクター・ストレンジ」をPR。ファンイベントでは押し寄せた大勢のファンが熱い声援を送った。。文匯報が伝えた。

【その他の写真】

マーベル最新作「ドクター・ストレンジ」をPRするため、主演のベネディクト・カンバーバッチをはじめ、スコット・デリクソン監督、女優のティルダ・スウィントンが香港入り。中華圏や海外から100社以上のメディアが殺到する騒ぎとなった。

この映画でベネディクト・カンバーバッチと初共演したティルダ・スウィントンだが、今年6月に誕生したカンバーバッチの長男が撮影現場でのアイドルだったと貴重なエピソードを披露。カンバーバッチによると、現場で疲れているスタッフたちが、赤ちゃんを見ると急に元気になるほど、長男が大きなパワーを発揮したという。まな息子については、「将来は絶対アクションスターにしない」と愛情たっぷりに語っている。

香港の女優マギー・チャン(張曼玉)と親交が深いというティルダ・スウィントンだが、実はこの香港入りを前に、ぜひマギーに会いたいと思い連絡していた。現在マギーが中国にいることを知り少しがっかりしたが、続いて上海でのPRを控えているため、そこで会えると信じているという。

同日夜には尖沙咀(チムサーチョイ)へ移動し、ファンイベントを開催。1000人をはるかに上回る大勢のファンに囲まれ、ベネディクト・カンバーバッチも聞き覚えた広東語で「こんにちは」「愛してます」とファンに呼び掛け。会場はこれ以上ないほどの熱気に包まれた。(翻訳・編集/Mathilda)