ガガが涙したミシェルのスピーチ。女性軽視のトランプを批判

写真拡大

強い思いを持っている人同士って、共鳴し合うんですね。

10月13日、ファーストレディであるミシェル・オバマは、ニューハンプシャー州でスピーチをしました。そのなかで、次期大統領候補であるドナルド・トランプを痛烈に批判したのです。

ミシェルがトランプの女性軽視発言を批判

ミシェルが問題にしたのは、トランプの女性軽視発言。

以前から、女性に対する差別的な発言が注目されていたトランプ。

さらに先日、テレビ共演者との会話の録音テープが暴露されたばかり。10年前にテレビ出演したときに控え室で交わされた会話、とのことですが、反感を買ったのがその内容。

「有名人なら女性は思い通りにできる」とか「魅力的で美しい女性に磁石のように引き寄せられ、キスを始めてしまう」とか、なかなか過激なことを言っていました。

本人はすぐに謝罪声明を発表しましたが、女性からの支持を取り戻すのは難しそうです。

レディ・ガガはTwitterでミシェルを絶賛

こうしたトランプの発言を受けて、ミシェルは

「トランプの猥せつな発言は無視できません。許せない」

と、女性を軽んじるトランプを糾弾しました。

ミシェルの断固たる姿勢に共鳴したのが、レディ・ガガ。自身のTwitterでも、そのあふれる思いを投稿しています。

.@FLOTUS watching you speak on @CNN in New Hampshire in tears. You are a true role model and leader.

-- JOANNE (@ladygaga) 2016年10月13日

ミシェルのスピーチを聴きながら、涙を流したというガガ。

実際にレイプ被害者であり、それをテーマにした曲『Til It Happens To You』を発表したりと、人一倍女性の「性」についてメッセージを発信してきた彼女だからこそ、ミシェルのスピーチに深く共感したのかもしれません。

[billboard]

写真/gettyimages 文/浦田昆

こちらも読まれています

・スタイル削ぎ落として、音浮き出る。レディ・ガガの圧倒的強さ

・いいね! 8万越えの大反響。2017年のスーパーボウルはガガでいく

・ミシェル・オバマ、Snapchat始めたってよ