写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダは14日、コンパクトカー「デミオ」の商品改良車と、特別仕様車「デミオ テーラード・ブラウン(Tailored Brown)」の予約を開始した。発売は11月17日を予定している。

「デミオ」は「車の価値はボディサイズに比例する」という既成概念を打ち破ることをめざし、2014年に当時のマツダが持つ最新技術を全面的に採用して発売。今回の商品改良においても、SKYACTIV技術群を統合的に制御することで、「人馬一体」の走行性能を高める新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブビークルダイナミクス)」の第1弾「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を全車に標準装備している。

「G-Vectoring Control」は、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールする技術。日常走行・高速走行・緊急回避時など、さまざまな走行シーンで制御効果を付加し、ドライバーへ運転の安心感を提供する。

その他にも、「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フルカラー)」、夜間視認性を高める「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」など、「人間中心の開発哲学」の考えをもとに開発されたマツダの最新技術を採用。デザインにおいては、内装の意匠を大幅に変更し、色の使い方と仕立ての良さに徹底的にこだわったコーディネートへと深化させた。

同時に発売される「デミオ テーラード・ブラウン」は、「XD Touring」と「13S Touring」のAT車をベースとし、先鋭的な世界観を継続的に提案する特別仕様車の第4弾として設定。ライトブラウン&ブラックを基本として、各所にオレンジのアクセントを加えたインテリアコーディネーションと、キルティング加工を施したグランリュクス(スエード調人工皮革)素材のシートを組み合わせるなどして、やわらかく上質なアート空間を表現している。

「デミオ」の価格は、「SKYACTIV-G 1.3」搭載車が135万〜194万4,000円、「SKYACTIV-G 1.5」搭載車が150万1,200円、「SKYACTIV-D 1.5」搭載車が178万2,000〜222万4,800円。「デミオ テーラード・ブラウン」の価格は、「XD Touring」ベース車が199万8,000〜220万3,200円、「13S Touring」ベース車が171万7,200〜192万2,400円(価格はすべて税込)。

(木下健児)