京急線横浜駅に設置された、電車ラッピング自販機

写真拡大

10月14日は「鉄道の日」だ。1872年の同じ日に新橋駅(かつての汐留貨物駅)と横浜駅(現在のJR桜木町駅)を結ぶ鉄道が開通したことを記念して制定された。

鉄道の日に合わせて、鉄道各社ではさまざまな催しを行っている。京浜急行電鉄(京急)グループの京急ステーションコマースは、横浜駅上りホーム品川寄りに設置した自動販売機4台に電車ラッピングを施して、2016年10月14日の始発から提供を開始した。

オリジナルデザインフレーム付き写真も自撮り可能

ベースとなっているのは、京急電車のシンボルカラーである赤色の「京急新1000 形1800 番台」。さらに、沿線に幸せを運ぶ電車として2014年に運行を開始した黄色の「YELLOW HAPPY TRAIN」と、羽田空港第2旅客ターミナル開業を機会に05年にデビューした青色の「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」のラッピングを左右に併設した。

「YELLOW HAPPY TRAIN」ラッピングの自販機はデジタルサイネージ式で、前面の大型ディスプレイに京急電車の動画を流している。飲料を購入した人は、自販機の内蔵カメラで自撮りして、京急オリジナルデザインフレーム(5種類)付きの写真をLINE(ライン)アプリで受け取ることができる。日本語だけでなく、英語・中国語(簡体字)・韓国語での表記が可能だ。

さらにオープニングキャンペーンとして、京急オリジナルラベルの樹脂缶「京急ボトル」に、京急オリジナル缶バッジと缶コーヒーを封入した商品を130円で提供する。買えるのは「京急新1000 形1800 番台」の自販機で、1200個限定(3デザイン各400個)。詳細は公式サイトまで。

この情報を聞きつけた人の中には、早速現地に足を運んでツイートしている人もいる。

1番乗り??京急自販機??黄色い電車は映像が流れてます#赤い電車#京急自販機 pic.twitter.com/4ht9Lb5orc

- aqua () 2016年10月13日

京急の横浜駅に快特(1800形)の自販機できてた。1年半か2年くらい前まではちょっとした有人の売店だったところ。隣に600形の青京急がいるのも憎いね。 pic.twitter.com/oLRWJi7U1B

- うだめ () 2016年10月14日

今日は鉄道の日京急横浜駅の上り先頭近くに電車デザインの自販機誕生どこかの親子も喜んでました男の子は電車が好きだからね鉄道ファンの第一歩 pic.twitter.com/zmbHJa1VDI

- kujisan_kaiungo () 2016年10月14日