ガラス作家・田中福男の新作展「手向け花」東京・銀座で - ペンダントトップやオブジェなど約50点展示

写真拡大

ガラス作家・田中福男の新作ガラス展「手向け花」が東京・銀座のメグミオギタギャラリーにて開催される。会期は2016年11月18日(金)から12月24日(土)まで。

田中は現在「topnoch(トップノッチ)」というブランド名で作品を発表しているガラス作家。素材の特性を生かし、ガラスにしか成しえない現象を求めて制作を続ける。

田中が用いる「インサイドアウト」と呼ばれる技法では、制作の過程上の中に出てくる模様を発展させ、まるで花が咲いているようなイメージをガラスの中に立体的に浮かび上がらせることができる。また、多彩な色ガラスと気化蒸着させた純金、純銀などの金属を複雑に重ねて独特の色彩を作り出す。

本展のテーマである「手向ける」は、神様に供物を捧げる時、道行く人へのはなむけの意味として使われる言葉。ガラス作家としての自分を形作った全ての物事に対し、花を手向ける思いで制作を進めた。ペンダントトップやオブジェなどの新作約50点を展示する予定だ。

【開催概要】
手向け花
日程:2016年11月18日(金)〜12月24日(土) ※休廊日は日曜、月曜、祝日。
時間:11:00〜19:00
場所:メグミオギタギャラリー
住所:東京都中央区銀座2-16-12 銀座大塚ビルB1


[写真付きで読む]ガラス作家・田中福男の新作展「手向け花」東京・銀座で - ペンダントトップやオブジェなど約50点展示

外部サイト

  • 生誕300年記念「若冲展」が東京都美術館で開催 - 「釈迦三尊像」と「動植綵絵」が一堂に会す
  • 虹色に輝く「レインボーブリッジ スペシャルライトアップ」開催
  • スズキタカユキ「仕立て屋のサーカス」新宿ルミネゼロで開催 - 音と布、そして光が織りなす即興舞台