3つ子ちゃんと平和にドライブするためパパがとった対策とは? ネットには「我が家にもこれが必要だ」といった声も

写真拡大

「もう車内での争いはない」

こちらのコメントとともに愛する我が子たちの写真をフェイスブックに投稿していたのは、アメリカオハイオ州に住む専業主夫のジェイク・ホワイト(Jake White)さんです。 “争い” ってこれまたずいぶん物騒な響きだけれど……一体ぜんたいどういうことなのかしら?

【現在3つ子の子育て中】

海外サイト「TODAY.com」の報道によれば、ホワイトさんは3つ子のパパ。妻であるジェン(Jen)さんが2年前に出産して以後、熱心に子育てに励んでいるみたい。

【育児に奮闘するパパの苦肉の策とは?】

ホワイトさんが投稿した写真をよくよく見ると、後部座席に3人並んで座る子供たちの間にはそれぞれ、 “ついたて” のような板が備え付けられています。

なんとも奇妙な光景から察するに、 “争い” とはつまり3つ子ちゃん同士のケンカのこと。「TODAY.com」によればホワイトさんはかつて美術と彫刻を学んでいたようで、 “ついたて” を設置する際この経験が活かされた、と話しているようです。

【いいアイデアだと思います!】

ホワイトさんはフェイスブックに、「ドライブスルーの男性に『(そのアイデアは)天才的だ』といわれた」とコメントしておりますが、たしかにナイスアイデア! 互いの姿が見えなくなりさえすれば、ケンカすることもないもんねぇ。

単純明快ながらも秀逸な策に対し、ネットユーザーは「このアイデア大好き!」「我が家の13歳の3つ子たちにもこれが必要だ」といった具合に、続々コメントを寄せているようです。

【パパ頑張れ!】

人数がいればいるほど、ケンカが始まる可能性も高まる。不毛な戦いを避けるためには、必要な措置だったのかもね。

おそらく3つ子ちゃんの子育ては想像を絶するほどに大変なはず。日々少しでも楽しみを見つけながら、どうか育児を乗り切ってくださいね〜っ!

参照元:Facebook、TODAY.com
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む