14日、米国のシンガーソングライター、ボブ・ディラン氏が今年のノーベル文学賞受賞者に決まったことを受け、韓国メディア・デイリーアンは韓国のグループ・BIGBANGの文学賞受賞の可能性について論じる記事を報じた。写真はBIGBANG。

写真拡大

2016年10月14日、米国のシンガーソングライター、ボブ・ディラン氏が今年のノーベル文学賞受賞者に決まったことを受け、韓国メディア・デイリーアンは、韓国のあるアーティストの文学賞受賞の可能性について論じる記事を報じた。

記事はまず、100年を超えるノーベル賞の長い歴史上初めてとなる歌手の受賞は「どのビッグデータも人工知能も予測できなかったこと」であり、「冗談のようなことが現実に起こった」と表現した。そして、これには文学界などから反発も少なくないとしながらも、「重要なのは、これで一つの事例がつくられたという点だ」とし、シンガーソングライターがノーベル賞をもらえるという希望が生まれた今、世界で「韓流現象」を巻き起こしている韓国の音楽界も一考の余地があるのではないかと指摘した。

例に挙げられたのは、韓国でトップクラスの人気を誇り、海外でも活躍する男性グループ「BIGBANG」だ。記事は、「少なくとも歌手がノーベル賞を受賞する夢も妄想ではなくなった」のだから、BIGBANGのように自ら作詞作曲のできるミュージシャンは、「世界の人を共感させ、変化をもたらすことのできる活動を目指すべきだ」と助言した。

また、韓国で毎年のように文学賞有力候補と騒がれながら受賞がならない詩人・高銀(コ・ウン)氏を例に、「アジア圏のミュージシャンが受賞者に選ばれるかどうかは疑いもある」としながらも、ノーベル賞獲得のためには、K−POPが世界において「文化芸術的に普遍性と共感という実践的な成果を得る」ことが大事だとした。

この記事について韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられているが、多くは「韓流」やK−POPのノーベル賞の可能性に懐疑的な声だ。

「BIGBANGとボブ・ディランが比較になる?」
「比べるべきものを比べてくださいよ」
「酔っ払ってます?」
「記者はBIGBANGファンクラブの役員かな」

「韓流アイドルごときをボブ・ディランと比べるなんて、記者のレベルが分かるってもの」
「記者はこれを書きながら、自分はピューリッツァー賞をもらえるとでも思ってるんだろう」
「グラミー賞にもとうてい届かないK−POPにノーベル賞とは…」

「BIGBANGの歌詞のどの部分に文学的な価値を発見できるんだろう?」
「『ブンシャカラカ』(BIGBANGの代表曲『FANTASTIC BABY』の歌詞)に文学性を見出したということ?」
「ノーベル賞も終わったな。候補にアイドルを持って来られるなんて」(翻訳・編集/吉金)