Block Bパクキョン

写真拡大

雑誌『韓流ぴあ』との連動企画、Block Bの連載「Block Bの“Bikipedia”つくっちゃいました!」。

【画像】Block Bのライブの写真を一覧で見る

本誌11月号(10月22日発売)のスタートに先駆け、WEBでは「<ほぼ週刊!?> Block Bの“Bikipedia”つくっちゃいました!」と題して、メンバー個々のインタビューと取材の様子を交えて毎月全3回ずつで展開。キーワードからメンバーの素顔に迫る本誌とは異なる視点でお届けします。

前回のテイルさんからバトンタッチ! ふたり目にフィーチャーする10月の主人公は、最近バラエティで大活躍中のパクキョンさんです。

今夏に行われた取材。まずは撮影から。カメラマンの要望に応え、次々とポーズをとっていくパクキョン。シャッターがきられる度に、クールな眼差しから柔らかな笑みまで様々に表情を変えていきます。

和やかに撮影がすすみ、「レンズに向かって元気に手を伸ばして」と、お願いしてみたら、まさかの、無表情で腕をのばして手をダラーン(むかしのキョンシーを想像してみて!)。まったく元気のないポーズで笑わせる“確信犯”にスタッフも爆笑。

さらに、ちょっぴりカワイイポーズを要求、しゃがんでもらったら……、アキレス腱がちょっぴり伸びてしまい「イテテテ……」。終始、和やかな撮影となりました。※この写真は本誌でチェックを!

そして、いざ! インタビューへ。インタビュアーを見つけると、「久しぶり、元気?」と挨拶。このフランクさがパクキョンの魅力。インタビュー中は、ノリノリで話したかと思うと、「秘密〜」と焦らして結局教えてくれなかったり、アンケートの宿題(!)を渡すと「ええ! 宿題〜!」と椅子から落ちそうになるほどのけぞったり。無邪気な反応(?)の数々で、盛り上げてくれました。

パクキョン編第1回は、そんな人懐っこくていつも明るいパクキョンの、幼い頃に迫ります。

難しければ難しいほどテンションが上がる

「幼い頃から目立ちたがりやで、前に出るのが好きな子供でした。小学生の頃は、英語の塾に通っていて、英語劇で主人公をやったりもしました。中学に入ってから、僕の頭脳が冴え始めて(笑)、勉強に才能を発揮するように。

全科目、できないものがなかったんです。特に科学とか数学とか、賞を取ったことも1度や2度じゃありません。神童? そこまでは言われなかったけど、秀才とは言われていました」

頭脳明晰な芸能人だけが集まって様々な難問を解いたり、高度な(?)話をする番組『脳セク時代』に出演中。秀才たちの中でも“数学の秀才”といわれ、一目置かれている。それもそのはず、中学の時から一番得意な科目は数学。

「中学の時、数学の英才教育を受けていたんです。各学校から代表として選ばれたひとりだけが試験を受けられて、合格すると通える塾のようなものに行っていました。ソウル全域から50名くらいいたかな。週末、学校が終わって放課後にみんなで集まって数学の問題を解いていました」

難しければ難しいほど、テンションが上がるそう。『脳セク時代』に出演することが決まった時には、数学の問題集を買ったり、数学のアプリをダウンロードして、方程式や解き方を思い出したんだとか。ちなみに中学の時のニックネームは『ドンキー』。どんな意味があるの?

「ドンキーって知ってます? 映画『シュレック』に出てくるキャラクターです。笑った顔が似ていると言って、中学生の時にずっと言われていました。嫌じゃなかったかって? 全然!  だって、おいしくありません?(笑) そんなニックネームなかなかつかないじゃないですか」

しかし、中学三年生のなった頃、秀才パクキョンに、異変が……。

「反抗期に入ったんです。勉強もしないでただただ遊び回っていました。それで成績がガクっと落ちて。普通の高校レベルに行くならと、留学を決めました。両親も、僕がやりたいことをやればいいという教育方針なので、応援してくれましたよ」

初めはアメリカ、高校二年生でニュージーランドの高校に転校した。思えば、パクキョンの英語って、実はあんまり聞いたことがない気が……。と言うと「英語を人前で話すのが苦手なんです」

「英語のレベルですか? うまいかどうかはわからないけど、相手の言葉は全部聞き取れるし、言いたいこともほとんど言えます。英語って、ネイティブじゃなくてもうまい人はすごくうまいじゃないですか。だから、なんかちょっと恥ずかしいんですよね。必要なとき、必要なだけ使っています」

ちなみに、日本語に関しても同じ理由で“あまり話さない”んだとか。案外完璧主義なのかもしれませんね。

次回は、パクキョンさんのパーソナルな部分に迫ります! お楽しみに!

★雑誌『韓流ぴあ11月号』(10月22日発売)より隔月でBlock Bの連載スタート! さらに、日本初アルバム『My Zone』リリース記念インタビューも掲載。ぜひ、合わせてチェックを!!