ネットの伝達力スゴイ!父親からのメッセージが録音された大切な人形が無事少年に返される

写真拡大

父親の声が録音された大切なぬいぐるみが、ソーシャルメディアの力によって持ち主へ返され、話題となっている。

声が録音されたぬいぐるみ

その持ち主に送り届けた女性とはアメリカ、イリノイ州に住むKim Wolfe-Laneさん。

彼女は10月2日に、勤務するガソリンスタンドで兵士の姿をした可愛らしいぬいぐるみを拾った客から受け取る。

しかもそれは人の声が録音できるものだったらしく、Wolfe-Laneさんによればその時、誰かの大切な人形だと感じたという。

しかしバッテリーが切れていたため録音の内容はわからない。

せつないメッセージが聞こえてきた

そこでWolfe-Laneさんは手がかりを探るためにも、バッテリーを充電。

録音された声の一部を聞いてみると、男性の声で自分の息子に宛てたメッセージが入っていたという。

実際、そのぬいぐるみは「君を愛しているよ、おちびちゃん。君に会えなくてさみしいよ。もうすぐ会おうね」と語りかけていたそうだ。

投稿後、2800人以上がシェア

「兵士」「父親」「会えない」。これは兵役に就いている父親から、会えない息子に宛てたメッセージではないかと考えたWolfe-Laneさんは、持ち主の元へ必ず届けると決意。

この珍しいぬいぐるみのことを、自らのフェイスブックに投稿した。

するとそれを読んだ人々が次第に関心を寄せ、持ち主を探そうと積極的に情報を広め、その結果最終的には2800人以上がシェアしたという。

やがてその投稿が偶然、持ち主の母親であるAshley Willsさんの目に留まる。

そしてすぐにWolfe-Laneさんに宛てて「なんていうこと!そのぬいぐるみは、2歳になる私の息子のものです」と書き送った。

しかもWillsさんによれば、人形のメッセージはやはり現在、兵役に就いている父親から息子へ宛てられたもので、子供はぬいぐるみをずっと大切にしていたという。

喜ぶ息子の写真を送る

その後、ぬいぐるみは無事にWillsさんの2歳になる息子のもとへと到着。

Willsさんは感謝を込めてWolfe-Laneさんのフェイスブックに息子の写真を投稿し、「もう嬉しくてじっと座ってられません」というメッセージを寄せた。

Facebook/Ashley Wills

Facebook/Ashley Wills

Facebook/Ashley Wills

Facebook/Ashley Wills

このエピソードはテレビでもニュースとして取り上げられ、Wolfe-Laneさんのフェイスブックにも多くの人から「届けてくれてありがとう」といった感謝の言葉が寄せられているという。