洗濯物が早く乾く今の時季。めったに手をつけない大物洗いをするのにぴったりのタイミングといえます。ぜひ、汚れやにおいをためこんだカーテンを洗ってみませんか。すっきりきれいに洗うコツを洗濯王子の中村祐一さんに教えてもらいました。

酸素系液体漂白剤を使った、プロの洗い方とは?

【1】つけおき液をつくる

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=23289


タライにぬるま湯をはり、液体の酸素系漂白剤と中性洗剤を各キャップ1杯入れる

【2】ネットに入れる

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=23290


洗濯ネットの中でヨレないように、ぴったりのサイズにたたんで入れる

【3】10〜20分つけおき

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=23291


10〜20分のつけおき後、洗剤液も一緒に洗濯機に入れて、通常コースに設定して洗う

【干し方】レールに戻す

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=23861


洗濯機で脱水をしたら、直接カーテンレールへ。重みでシワが取れて自然な仕上がりに

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=23652


【中村祐一さん】
1984年、長野県生まれ。国家資格クリーニング師。長野県にて家業の「芳洗舎」3代目を務め、「洗濯王子」としてテレビや雑誌でも活躍。http://www.sentaku-yuichi.com

<撮影/山川修一>