写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ブルワークは10月14日、比較的小規模から始められる企業の情報システム部門強化支援サービス「IT Cheer」を発表した。11月1日より提供を開始する。

現代の情報システム管理では、PC、サーバの管理からネットワーク、クラウドサービス、セキュリティと幅広い知識が必要だという。同サービスは、「ひとり情シス」状態に陥りがちな中小企業やスタートアップの情報システム担当者向けに人材育成プログラムやサポートサービスを提供するもの。

毎月の開催されるトレーニングプログラムなどを受講することで、業務に必要な意思決定や判断力のレベルを向上させることが可能だとしている。また、情報システム担当が直面した課題に対し、ブルワークのアドバイザーが解決方法を提案するサポートサービスも提供するほか。情報共有やスキルアップの機会を提供するミートアップや交流会などを実施する。具体的なサービス内容は以下の通り。

・IT課題解決トレーニングへの参加
・月に一度のスキルアプセミナー
・電話、メールおよびSkypeなどによる課題解決支援、サポート
・リモートログインによるシステム診断
・レポートフォーム、テンプレートの提供
・ミートアップ、交流会など随時開催
・課題や問題解決について共有できる「IT Cheerコミュニティ」への参加権
・情報メルマガ
・テーマ別トレーニングコンテンツの配信

提供価格(税別)は、月額9万8000円から。同社では、1年以内に100社からの受注を目指すとしている。

(山本明日美)