クジラ目とは?

皆さんクジラ目という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
日本ではあまり聞き、慣れない言葉ですが、海外では犬の感情表現の1つとして「Whale eye」という言葉で知られています。

クジラ目とは、犬が対象物を見たまま頭を少し動かすことで、白目が半月型になっている状態のことを指します。
主にトレーナーが使う用語で、犬の目に白い部分が見えているときに使っています。
クジラ目は、犬が飼い主や他の犬に対して自分の気持ちを表すボディランゲージの一つなのです。

では、このクジラ目はどういった気持ちのときになるのでしょうか。

「なんか嫌だな〜」って少しマイナスな気持ち

犬がクジラ目をするときに感じているのは、不安やストレスを感じているときです。

犬の目は黒目がほとんどで白目が見えることは少ないですが、叱ったときの犬の目はどうでしょう。
飼い主を見たまま上目遣いになっていて、白目が半月型に出ていますよね。
これは、何か不安やストレスを感じているときに自分の身を守りたいという気持ちになっています。

可愛さのあまり、愛犬を無理やり抱っこしたり顔を近づけたりすることありますよね。
しかし、愛犬的に「今そんな気分じゃないんだけど・・・」と飼い主と気持ちがすれ違った時、前足を伸ばして顔を背けられた経験ありませんか?
おそらくその時、クジラ目になっているはずです!
飼い主的にはなんだか寂しいですが、そんな場面に遭遇したら一度確かめてみてください。

そんなときは…

クジラ目になっている状態は、自分の身を守りたいという防御の気持ちですが、時に防御は攻撃性を引き出すこともあります。
もし、犬に近づいたときに白目が多く見えている状態だったら、少し距離を置いて犬から近づいてくるのを待ちましょう。
そして、愛犬の知らない人や犬に会ったときにクジラ目になっている場合は、何かトラブルを起こすこともあるので、一旦その場から離れて愛犬を落ち着かせてあげることが大切です。

犬の目から見る気持ち

犬の目は、相手に自分の気持ちを伝える重要な器官なのです。犬は他に目でどんなことを伝えているのでしょうか?
他のボディランゲージと合わせて判断することが大切です。

大きく目を見開く+体の後ろ側を揺らす

目を大きく開き、機敏な様子であれば友好的な状態です。
体の後ろ側を揺らし、明るい鳴き声である場合は、楽しい気持ちでいることがほとんどです。

少し大きく目を開く+聞き耳を立てる

いつもよりやや大きめに目を開き、聞き耳を立てている状態は警戒しています。
遠くまで見えるように高い姿勢を取り、集中しています。

相手の目をじっと見つめる

相手の目をずっと見ている意味は大きく分けて2つあります。愛情表現と敵意です。

飼い主など心を許した人に対しては愛情を表しています。穏やかさを感じるはずです。
逆に目に緊張を感じられたり、歯をむきだしている場合は敵意むき出しで攻撃的な状態です。

大きく目を見開いて凝視する

この状態は、支配的な気持ちがあります。
低い声で断定的な唸り声を出す時もあり、攻撃的な部分が出てしまうこともあるので注意が必要です。

目を細める

目を細め、耳を後ろに折っているのは不安を感じている状態です。

目をしばしばさせる

目を細めてしばしばさせており、頭の後ろに目を流して白目を見せているのは怯えていることがほとんどです。
この時、体が震えたり小さな鳴き声を出したりすることもあります。

まとめ

このように犬のボディランゲージには、一つひとつに犬の気持ちが表現されています。
愛犬と言葉で話すことはできませんが、ボディランゲージを理解することでより良い関係を築くことができるはずです。
愛犬がどんな気持ちでいるのか、何をされると不快なのかを理解し、愛犬との信頼関係を深めていきましょう。