よく使うものをインテリアの一部として”自然に”収納してみませんか。このディスプレーのような収納術を、料理家の中川たまさんもご自宅で実践しています。「古道具や味のあるものが好きで、日頃から集めています。実用品も、そんなレトロなインテリアになじむものをセレクト。ものをしまい込まず、つるしたり、ガラスビンに入れたりして、見やすく収納しているんですよ」。センスよく暮らす達人の収納を見せていただきました。

ものをしまい込むのではなく、手に取りやすいように

●フルーツや果実酒で季節感を演出

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=24101


果実酒やシロップ漬けなどをダイニングの棚に並べています。「フルーツもボウルやカゴに飾れば、季節の移ろいを感じられるだけでなく、食べ忘れ防止にもなりますよ」

●スパイス類はシンプルなガラスビンに

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=24102


スパイス類は大きさや量に合わせてサイズ違いのガラスの試薬ビンに。彩りもきれいで、使いやすさも◎。「中身がわかりにくいものは、ラベル代わりにタグを入れておけば一目瞭然」

●よく使うキッチンツールはつるす

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=24103


シンクの上にネジ式のフックを取りつけ、計量カップやハサミ、鍋つかみなど毎日使うキッチンツールをかけて収納。「調理中でもすぐ手に取れて使いやすいんです」

●ザルは壁にかけ、乾かしながらしまう

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=24105


シンク脇の水きりカゴ近くの壁に、ネジ式フックを取りつけ、ザルやカゴの収納場所に。「洗ってすぐかければよく乾き、しまい込むより清潔。片手で取れるので、使いやすいんです」

●掃除用具は目につく場所につり下げ収納

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=24106


カーテンレールにS字フックをかけ、ホウキとハタキをつり下げ収納。「目につく場所に置けば、気がついたときすぐ掃除できます。掃除用具は出しっぱなしでもかわいいものをセレクト」

●和室になじむカゴをゴミ箱に

⇒【画像】はコチラ https://esse-online.jp/?attachment_id=24104


気に入って買ったものの使い道に悩んでいた古道具のカゴを紙ゴミ用のゴミ箱に。「ゴミ箱は生活感が出ますが、これなら部屋の雰囲気になじんでインテリアをじゃましません」

 いかがでしたか。達人のテクニックを取り入れて、わが家をもっとすてきに!使いやすく!家事をするモチベーションも上がりますよ。


中川たまさん【料理家:中川たまさん】
海の近くにある、古い賃貸の一戸建てをセンスよくアレンジして暮らす。毎月、自宅で季節の食材を使った料理教室を開催している

<写真/難波雄史>