写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オムロンは10月13日、現行の太陽光発電システム向け屋外設置型単相パワーコンディショナ(パワコン)「KPMシリーズ」の機能を向上させた「KPM2シリーズ」を12月より発売すると発表した。

KPM2シリーズは、1回路あたり11Aの高電流入力を実現しており、従来機種(9.5A)と比べて、より高電流のパネルにも対応が可能となった。また、入力電流の拡大にあわせて、入力電圧も450Vまで拡大。従来機種に比べ、さらに多くの太陽光パネルを設置することができ、パワコンの容量以上の太陽光パネルを設置する、いわゆる過積載を活用して、従来以上の発電量を確保することが可能だという。

さらに製品裏面の隠ぺい配線部分に隠ぺい配線口カバーを追加することで防水性能を強化したほか、製品下部に配線用のPF管用口を設けたことで、主に50kW未満(低圧)の太陽光発電システムにおいて従来のKPMシリーズでは必要となっていたパテ埋めの工数削減を実現している。

なお、価格はオープンで、同社では販売開始から3年間の累計で30万台の販売を目指すとしている。

(小林行雄)