愛猫の「ミーミー」が10月10日夕方、医師に抱えられて手術室から出てきたとき、4時間以上も心配で落ち着かなかった鄒栄燕さんはようやく安堵した。

写真拡大

愛猫の「ミーミー」が10月10日夕方、医師に抱えられて手術室から出てきたとき、4時間以上も心配で落ち着かなかった鄒栄燕さんはようやく安堵した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

この5日前、湖北省宜昌市のある住宅団地に住む鄒さんは、誰かに高いビルから落とされた愛猫のミーミーを発見した。ミーミーは全身8カ所を骨折し、腸が破裂する大けがを負っていた。

動物病院に搬送すると、獣医はミーミーを助けるためには大手術が必要だが、その費用は3万元(約46万円)以上になるだろうと話した。鄒さんは何度も迷ったあげく、愛猫家たちの支援を受け、ミーミーを救う決意をした。(提供/人民網日本語版・編集/YK)