林侑里奈さん(左、ニット:LOWRYS FARM、パンツ:ユニクロ、靴:mysty woman、バッグ:FURLA)/田中麻美子さん(右、シャツ:ユニクロ、スカート:Abercrombie&Fitch、靴:Odette e Odile、バッグ:kate spade) 撮影/伊ケ崎忍

写真拡大

 早稲田と慶應。華やかな読者モデルの世界でも好対照だ。お互いを敬して認め合う、清々しいライバル関係を覗いてみよう。

 早稲田大学1位、慶應義塾大学10位。「2017年版 大学ランキング」(朝日新聞出版)の「女性ファッション誌読者モデルランキング」の順位だ。CanCam、JJ、ViVi、Rayの15年1〜12月号に登場した女子大生の延べ人数でランキングしている。同ランキングは1995年から。長らくトップだった青山学院大学などのオシャレイメージの大学を抜き、早稲田が初の1位に輝いた。早稲田の女子学生は95年には8600人だったが、15年には1万5711人とほぼ倍増したこと、04年に英語で授業を行う国際教養学部ができたことが関係しているようだ。

「帰国子女が多く、目立つ子がたくさんいました。読者モデルをしている子も多かったです」

 2年前に国際教養学部を卒業した、CanCam編集部の高橋萌さんはこう話す。

●ユニクロで「安カワ」

 早稲田の林侑里奈さんのファッションは、ユニクロのパンツ、mysty womanのサンダルで活発な印象。

「高校時代にはほとんどファッション誌を見なかった。入学式で編集部の方に声をかけていただき、読者モデルになりました」

 慶應の田中麻美子さんは幼稚舎(小学校)から大学までずっと慶應。清楚なユニクロの白のシャツにエンジのスカートで、品の良さを感じさせた。

「中学生のときからファッション誌に興味があり、高校時代はCanCamを愛読していました。専属モデルの山本美月さんに憧れて、大学2年のときに読者モデルに応募しました。流行に敏感な友だちが多くて、私の周りでは読者モデルをしている人は多いです」

 高橋さんによると、最近は「安カワ」といって、ユニクロのようなシンプルな洋服を一つ入れるのがオシャレ。バッグや財布などの小物にお金をかける傾向だという。バッグの中身を見せてもらうと、2人ともキーケースはルイ・ヴィトンだった。

 大学自慢と、相手の大学の女子のイメージを聞いた。

●慶應女子も居酒屋に

「早稲田はサークルの数も多くて活気があり、飲み会も盛ん。女子も居酒屋に行き、飲み会の締めには『紺碧の空』を歌ったりして、愛校心が強いと感じます。慶應女子はおしとやかなお嬢様のイメージだから、居酒屋なんて行かなそう」(林さん)

「そんなことないですよ。居酒屋も行きます! 幼稚舎や中学から入学した女子はお嬢様といったイメージで見られがちですが、慶應女子は意志が強く、男っぽいところがあると思います。むしろ大学から入学した女子の方が柔らかい印象です。『三人寄れば三田会』と言われているように、私も相手が『慶應』だとわかると親しみを感じます。早稲田はノリがいい子が多そう」(田中さん)

「確かに男子も女子も面白い人が多いですね。男子は慶應ボーイのようなスマートな人はあんまりいないです(笑)」(林さん)

 田中さんは今までの7シーズン中3回、神宮球場に足を運び、早慶戦を熱心に応援している。

「ここのところ早稲田に連敗しています。10月末の慶早戦は応援に行きます。絶対に勝ってほしい」

(ライター・庄村敦子)

■聞いてみました!
(1)出身地(2)出身高校(3)サークル(4)好きなブランド(5)ファッションに使う金額/月(6)ゼミ(7)将来の進路(8)好きな芸能人

早稲田大学文化構想学部3年 林侑里奈さん(20)
(1)神奈川県(2)希望ケ丘高校(3)生協学生委員会(4)BE RADIANCE、MERCURYDUO(5)約2万円(6)社会学(7)転勤がなく、家庭と両立できる仕事(8)岡田将生、松田翔太、堀田茜、中村アン

慶應義塾大学商学部4年 田中麻美子さん(22)
(1)東京都(2)慶應女子高校(3)ゴルフサークル(4)dazzlin、ユニクロ(5)約1万5千円(6)マーケティング(7)テレビ局に内定(8)本郷奏多、横山裕、山本美月、橋本環奈

AERA 2016年10月17日増大号