映画『エヴォリューション』ルシール・アザリロヴィック監督による禁断のダークファンタジー

写真拡大

映画『エヴォリューション』が、2016年11月26日(土)より、渋谷アップリンク、新宿シネマカリテ(モーニング&レイト)ほか全国で順次公開される。

映画『エヴォリューション』は、秘密の園の少女たちの世界を描いた『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督による、まるで悪夢のような、禁断のダークファンタジー。

物語は、少年と女性しかいない孤島に母親と暮らす10歳のニコラを通して描かれる。島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっており、「なにかがおかしい」と異変に気付き始めたニコラは、夜半に出かける母親の後をつける。そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。

秘密の園の少女たちの世界を描いた『エコール』から10年。原始的な感情を呼び覚ます圧倒的な映像美でルシール・アザリロヴィック監督が描く、倫理や道徳を超えた81分間の美しい“悪夢”。エヴォリューション(進化)とは何なのか…、その目で確かめてほしい。

【詳細】
映画『エヴォリューション』
公開日:2016年11月26日(土)
公開場所:渋谷アップリンク、新宿シネマカリテ(モーニング&レイト)ほか全国順次公開

(2015年/フランス/81分/フランス語/カラー/スコープサイズ/DCP)
脚本&監督:ルシール・アザリロヴィック(『エコール』(2004)『ミミ』(1996))
プロデューサー:シルヴィー・ピアラ、ブノア・カノン
撮影監督:マニュエル・ダコッセ
美術監督:ライア・コレット
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエほか
配給・宣伝:アップリンク


[写真付きで読む]映画『エヴォリューション』ルシール・アザリロヴィック監督による禁断のダークファンタジー

外部サイト

  • 「星空の映画祭 2016」長野で開催 - 星空の下で名作映画を
  • 映画『バケモノの子』細田守監督作品 - 日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞
  • ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の追悼上映が全国でも - 大阪・新宿は延長決定