毎日の食事が毒になる!? 子どもの好きなあの食品の安全な食べ方

写真拡大

家族や自分の健康のために、栄養に配慮しつつメニューを考えて買い物をして調理して、と毎日の食事には気を遣っていますよね。

でもこんなに愛情をこめて作った食事に、知らずに身体に毒になるものが含まれているとしたら……こんなショックなことはありません!

今回は、食品添加物や農薬をはじめ有害物質、放射能汚染、食品会社による偽装事件など長年注目し、調査・研究をしてきた元東京都消費者センター試験研究室長の増尾清氏の『最新版 危ない食品たべてませんか』を参考にしながら、子どもの成長に欠かすことができない、日頃口にしているあの食品の安全な食べ方をご紹介します。

 

■NG1:牛肉

ステーキにしゃぶしゃぶに人気の高いお肉だけに、毒素があったと聞いて驚かれる方も多いのではないでしょうか? 増尾氏によると“危ない牛肉の見分け方“と5つの“毒消しテクニック”は以下のとおりです。

(1)危ない牛肉の見分け方

JAS法で生鮮食品のパッケージには、原産地が表示されていますね。この表示で安全度がわかります。「和牛」や「地域銘柄牛肉(松坂牛など)」は比較的安全性が高いとのことです。

一方、「国産」だけの表示や「輸入牛肉」は安全度が下がります。管理するうえで抗菌性物質や女性ホルモン剤などを与えているものがあったり、飼料に放射性物質や農薬が残っていたりするなど有害物質が食肉に残っている可能性があるということでした。

(2)毒消しテクニック

では「国産」や「輸入牛肉」の表示のものを安全に調理するにはどうしたらいいのでしょうか?

・ダイオキシンなどの有害物質は脂身に残っている場合が多いので“脂身を切りとる“

・農薬や放射性物質、ダイオキシン、抗菌性物質を減らすため“お湯で3分ほどゆでてから使う“

・アクには牛肉から溶け出した有害物質がいっぱい入っているので、十分に“アクとりをする“

・生姜焼きなどタレにつける調理法の場合は、タレに放射性物質など有害物質が溶けだすので、10分ほどでいったん捨てて新しいタレに“二度づけする“

・お湯に有害物質が溶け出す食べ方“しゃぶしゃぶ“にする

以上5つのテクニックで除毒ができるそうです。お料理にあわせて活用してみたいですね。

 

■NG2:豚肉

子どもに人気の豚肉は生姜焼きにしてもよし、トンカツにしてもよし、身近な食材として選びやすいお肉ですね。しかし使用頻度が高いほど、身体に蓄積する毒素が気になります。“危ない豚肉の見分け方”と“毒消し”の2つのポイントは次の通りです。

(1)危ない豚肉の見分け方

豚のエサは輸入配合飼料が多いので、エサの放射性物質による汚染の心配は少ないそうです。

豚肉も牛肉と同様に銘柄で選ぶのがポイントです。黒豚は時間をかけて育てているので安全性が高いです。また、SPF豚は豚舎を消毒し滅菌処理をしたエサを与えることで、“抗菌性物質“を与えなくてよくなるため安全性が高くなります。

(2)毒消しテクニック

抗菌性物質などの不安物質を減らす方法は牛肉の場合と同じで、以下の2つがポイントです。

・脂身を取り除く

・ゆでてあくをとったりタレを二度づけしたする

 

■NG3:鶏肉

唐揚げや焼き鳥など人気メニューが多く、価格が手ごろなのも嬉しい食材ですね。これも簡単なテクニックを加えるだけで、安全な食材になるそうです。

(1)危ない鶏肉の見分け方

手ごろな値段で買えるブロイラーは鶏舎ですし詰めで飼われており、病気予防のためエサに”抗菌性物質“を使っています。そのためブロイラーの鶏肉には“抗菌性物質“や環境ホルモンの“ダイオキシン”が残っている不安が指摘されています。

より自然に近い方法で飼育されている地鶏は、飼育期間が長く管理が行き届いている分、抗菌性物質を使う必要が少なく、ダイオキシンの不安も少ないということです。

また同じブロイラーでも輸入ものの配合飼料で飼育されている鶏は“放射性物質“の心配が少なくなります。

(2)毒消しテクニック

・抗菌性物質などの有害物質は脂肪部分に残りやすい為、“脂肪の部分を取り除く”(若鶏肉の方が脂肪が少なく安全です)

・有害物質が溶け出しやすくなり安全性が高まるので”斜めそぎ切りにする、タレを二度つけする、蒸す“の方法を取りましょう。

 

以上、毎日の食卓に欠かすことができない”お肉“の安全な食べ方をご紹介しました。

これから成長するお子さんには特に安全なものを食べさせてあげたいですね。ぜひお試しください!

(ライター 大津留ぐみ)

 

【関連記事】

※ 「旦那が私の好物食べた!」という惨事を防ぐ為…冷蔵庫にしまう時の工夫4つ

※ ゲッ…今朝も食べてた!? がんリスクも高まる「朝食に避けたい」NG食品5つ

※ ニンニクを避けても意味なし!思わぬところで「口臭」が悪化するNG食習慣5つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 専門家が監修!あなたの主婦業を年収換算できるシミュレーターとは

 

【参考】

※ 増尾清(2016)『最新版 危ない食品たべてませんか』(三笠書房)

 

【画像】

※ BestPhotoStudio / Shutterstock