写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクグループは10月14日、テクノロジー分野への出資を目的とした「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を設立すると発表した。同社は今後5年間で、少なくとも250億ドル(約2.6兆円)を出資する予定だ。

サウジアラビアの「パブリック・インベストメント・ファンド」(PIF)も、今後5年間で最大450億ドル(約4.7兆円)の出資を検討中で、2016年10月12日付けで覚書を交わしている。さらに、複数のグローバルな大手投資家たちと協議中であることを明かしており、ソフトバンク・ビジョン・ファンドは、1,000億ドル(約10兆円)の規模となる可能性があるという。