写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年10月13日(現地時間)、AWS(Amazon Web Services)とVMwareは戦略的提携関係を組むことを、米国サンフランシスコで開催した発表会で明らかにした(AWSの発表、VMwareの発表)。

両社は、AWSが提供するクラウド上でVMwareが提供するSDDC(Software-Defined Data Center)が使用可能になる「VMware Cloud on AWS」により、顧客にシームレスかつハイブリッドなクラウドサービスを提供する。VMWareはアプリケーション開発や検証、災害からの回復、容量の拡大やデータセンターの移行といった顧客のシナリオを実現すると述べている。VMware Cloud on AWSは現時点でベータ版。正式提供時期は2017年中旬を目指しているが、こちらのリンクからベータテストの申し込みが可能。

AWS CEO Andy Jassy氏は、「当社の顧客に対して我々はAWSに投資を続けている。大半の企業はVMwareの仮想技術を使用しているが、今後は一貫性とシームレスなハイブリッドIT環境の実行が容易になった」と今回の提携を歓迎している。VMwareは2016年2月に、IBMとハイブリッドクラウド分野での戦略的提携協業を発表していたが、今回の新たな協業によってVMwareの優先的なパブリッククラウドパートナーがAWSに、AWSの優先的なプライベートクラウドパートナーがVMwareとなり、両社のパートナー戦略を大幅に拡大させる可能性が高い。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)