写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は10月13日、セキュアなマルチクラウド環境を実現する「Arcstar Universal One Multi-Cloud Connect(Multi-Cloud Connect)」について、米国クラウド基盤への接続を開始すると発表した。

Multi-Cloud Connectは、さまざまなクラウドサービスとマルチクラウド環境をVPNによる閉域網接続で構築するサービス。10月13日より、米国西部のクラウド基盤からMicrosoft Azure、Office 365への接続を開始した。 Enterprise Cloudの対応は10月中、Amazon Web Services(AWS)は11月中を予定している。

利用により、セキュアで安定した接続環境の実現や、複数のクラウドサービスを同一のネットワーク環境上でハイブリッドに利用できるICT環境の構築が可能だとしている。

NTT ComのクラウドサービスであるEnterprise Cloudと接続するMulti-Cloud Connect for Enterprise Cloudは、10Mbps〜1Gbpsのギャランティタイプと、100Mbps/1Gbpsのベストエフォートタイプを用意。

Azure/Office 365/Dynamics CRM Onlineと接続するMulti-Cloud Connect for Microsoftはギャランティタイプで、帯域は50Mbps〜1Gbps。AWSと接続するMulti-Cloud Connect for Amazon Web Servicesはベストエフォートで、100Mbpsと1Gbpsを用意している。

(山本明日美)