トム・ヒドルストン主演映画『アイ・ソー・ザ・ライト』、プレゼントキャンペーン実施が決定!

写真拡大

新宿ピカデリーにて10月1日の初日から満席続出と絶賛公開中の『アイ・ソー・ザ・ライト』が、今週末から東京ではシネ・リーブル池袋(10月15日〜)とシネマート新宿(10月16日〜)でも上映が始まる。ヒットを記念し、10月15日(土)から『アイ・ソー・ザ・ライト』の上映館にて、鑑賞者に「アイ・ソー・ザ・ライト」ポストカード(非売品)をプレゼントするキャンペーンが決定!(ポストカードは数に限りがあるため、なくなり次第終了)

本作は、アメリカの音楽史上、多くのミュージシャンに影響を与えてきた歌手ハンク・ウィリアムスを描く音楽伝記映画。まさに昨日ノーベル文学賞を受賞した歌手ボブ・ディランも敬愛し影響を受けたという偉大な歌手が、いったいどのような人生を送り、どのように受け継がれる曲を世に出してきたのか...。実話に基づくハンクの生き様を演じたのはドラマ『ナイト・マネジャー』でエミー賞にもノミネートされた英国俳優トム・ヒドルストン。英国人でありながらアメリカ南部訛りを習得し、ハンクの曲を自ら歌い上げたトムの演技は絶賛されている。また妻のオードリーを演じたエリザベス・オルセンは、実際に歌が下手だったと言われるオードリーの絶妙な下手ぶりを見事に再現。役者魂がぶつかり合う演技は見どころの一つ。ハンク・ウィリアムスと聞いてもピンとこない人でも、全編通して聞き覚えの歌に出会える楽しみもある作品だ。

伝説のシンガーの涙と希望の感動作『アイ・ソー・ザ・ライト』は、全国の劇場で大ヒット上映中。(海外ドラマNAVI)