写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ほぼすべての日本人の毛髪に有機水銀が蓄積
これからの季節はノロウイルスによる食中毒に注意が必要となる。ただ、食中毒の原因はさまざまに分類できる。カンピロバクターなどの細菌性のものも有名だが、実はヒ素や鉛などといった化学性のものもあることをご存じだろうか。

これらは有害ミネラルと呼ばれるが、この有害ミネラルが体内にたまるのはよほど特別な環境下でしか起きないことのように感じている人もいるかもしれない。ところが、有害ミネラルは私たちの日常、特に日本人の食生活とは切り離せない問題なのだ。その現状と対応策を、内科医の関由佳医師に伺った。

○有害ミネラルの代表例はマグロなどに含まれる水銀

関医師が有害ミネラルのわかりやすい例としてあげてくれたのが、2015年に公開された映画『マイ・インターン』。作品内で、アン・ハサウェイ演じる主人公が「おすしはやめておくわ。水銀の過剰摂取になるから」と答えるワンシーンだ。

健康や美容に意識の高い海外の人の間では、水銀に代表されるような有害ミネラルは「生魚を食べることで摂取される」という概念が定着していることを表すセリフといえる。

では、有害ミネラルにはどのような種類があるのだろうか。多量に摂取するとどうなるのか、そして何によって体内に蓄積するのかと併せて紹介しよう。

カドミニウム
排ガスやたばこ、石油に含まれ、腎機能障害や重傷の骨軟化症、貧血を招く。

水銀
大型魚や深海魚、アマルガム、ワクチンに含まれ、アトピー性皮膚炎や中枢神経障害などを招く。


水道水や白髪染め、たばこに含まれ、造血機能を阻害したり、子供の脳の発達に影響を与えたりする。

ヒ素
残留農薬や魚介類、海草類に含まれ、色素沈着や皮膚がんなどにつながる恐れがある。

ベリリウム
汚染された大気や電気機器に含まれ、DNAの複製阻害や肺がんなどのリスクを高める。

アルミニウム
調理器具やアルミ缶、ベーキングパウダー、ワクチンに含まれ、アルツハイマー症候群をはじめとするさまざまな精神障害を招く可能性がある。

マグロなどの大型魚を食べる日本人は、ほぼ100%の人が毛髪に有機水銀の蓄積が認められると考えられている。日本人にとって定番の食材であるひじきにおいては、2004年7月に英国食品規格庁が「有機ヒ素を多く含むため、食べないように」との勧告を発表したというちょっとショッキングな話もある。

このような有害ミネラルは、通常は解毒されて体外へと排出されるもの。ところが、摂取しすぎたり腸内環境が整っていなかったりすると、十分に解毒しきれずにさまざまな不調を招いてしまう。体内にどの程度の有害ミネラルがたまっているかは毛髪検査でわかるため、気になる人は専門医などに相談してみるといいだろう。

●解毒を促すために摂取すべき栄養素を知る
先述のように多くの疾病リスクをはらむ有害ミネラル。それだけに体内からの排出を心掛けるべきなのだが、そのために必要な栄養素をまとめた。

ビタミンC

水銀によってダメージを受けた細胞を速やかに修復する。レモンやゆず、柿などが代表で、下記のシステインなどと一緒に摂取すればより高い効果を得られる。

システイン

硫黄分を含むアミノ酸の一つ。豆類や玄米、ニンニク、タマネギなどシステインを多く含む食材を食べることで重金属の排せつを促す。

メチオニン

同じく硫黄分を含むアミノ酸の一つで、FDA(米国医薬品食品局)から水銀など重金属を排せつする物質としてリストアップされた。ゴマや高野豆腐などに多く含まれる。

食物繊維

有害ミネラルと結合し、便からの排せつを促す。きのこ類や豆類、ゴボウなどが料理もしやすくておすすめ。

ビタミンB1

腸内環境を整えるために有益な好気性菌の活性を高める。豚肉や大豆などに多く含まれる。

ビタミンB6

水銀の排せつを効率よく行うために重要な働きを担う。ニンニクや酒かすなどに多く含有される。

乳酸菌&発酵食品

有害ミネラルを吸収しない腸内環境に整える。みそや納豆などがおすすめ。

これらの栄養素を意識して摂(と)ることで、有害ミネラルの排出促進に役立つとのこと。そのほかではクロレラや亜鉛、マグネシウム、セレンなどのサプリメントも解毒効果が期待できる。

生魚・海藻類を日常的に食べる私たち日本人の食生活は、有害ミネラルと背中合わせ。とはいえ、それらを全く摂取しない食生活は難しいうえ、食事バランスが偏ってしまう危険も。まずは、「解毒を意識する」ことから始めてみよう。

からだエイジング

(からだエイジング)