ローズ・レスリー

写真拡大

米CBSの人気リーガルドラマ『グッド・ワイフ』のスピンオフが製作されることは、当サイトでもお伝えしてきた通り。そのスピンオフに、大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』のイグリット役で知られるローズ・レスリーが出演することが明らかとなった。米TV Lineなどが報じている。

スピンオフ版はオリジナルのラストから1年後が舞台となり、ローズは、オリジナルシリーズに登場したダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)の名付け子マイアを演じることになるという。司法試験に合格したばかりのマイアは、ダイアンの法律事務所で働き始め、ダイアンが企てる未来の出来事で大きなカギを握る人物になるようだ。

オリジナルシリーズのクリエイターを務め、スピンオフも手掛けるロバート&ミシェル・キング夫妻は、「ローズを迎えることができてワクワクしています。私たちには、クリスティーン・バランスキーとクシュ・ジャンボ(ルカ・クイン役)に引けを取らない若い女優が必要だったのですが、ローズは真実味があり気丈で、コメディの演技もできて完璧です。もし、ゼロから出演女優に役作りをさせていたら、上手くいかなかったでしょう」と述べている。

スピンオフには、クリスティーンとクシュのほか、オリジナルでマリッサ・ゴールドを演じたサラ・スティールの続投も決定している。

『グッド・ワイフ』のスピンオフは、2017年2月にCBSでプレミア放送された後、同局のストリーミングサービス、CBS All Accessにて配信予定。(海外ドラマNAVI)