図書館の返却ポストは、館内に入らなくても借りた本を返すことができて便利です。

ところがこちらの図書館には、
「返却ボックスが壊れてます!
返却の際は、館内のキャシーまでお訪ねください」
との張り紙がありました。

わざわざ館員の名前が明記してあるのも珍しいですが、しばらくしてからもう1枚の張り紙が追加されていたそうです。

 

Dang it Cathy!


「アップデート!
返却ボックスは壊れていません。
キャシーは超さびしくて、飼ってる9匹のフェレットについて話がしたかっただけです」

なるほど、そういうことだったのですね。

返却ポストのように便利なものがあると、直接返しに来てくれる人がいなくて人恋しかったようです。

寂しがり屋のキャシーさんに同情したのか、海外掲示板には多くのコメントが寄せられていました。

●ワナのように感じる。返却ボックスの向こうにはピエロがいる?
調査をしてからキャシーと話をすると思う。

●図書館員フェチなら。

↑図書館員フェチとして中に入り、フェレットフェチとして出てくるんだ。

●フェレットが好き。

↑電車がすき。

↑カメが好き。

●キャシー想像図。
[画像を見る]

↑ちゃんと9匹いた。

↑かわいそうに、お友達が欲しいだけなんだ。

↑インターネットを使うべき。

↑自分はインターネットを使ってるけど友達はいない。どこをどう間違ってるんだろう。

↑フェレットが足りないんだろう。

↑9匹のフェレットがいても、全員がフレンドリーとは限らないんだ。なつかないフェレットもいるんだ。

↑その絵にそっくりの図書館員の友人がいる。彼女に「フェレットは何匹飼ってる?」と聞くと秘密事項だと言われた。

●『返却ボックス』
[画像を見る]
「お知らせ!」
返却するときには「リスじゃない!」と叫んでください。
そうすることで、あなたがリスではなく、キースのランチを盗もうとしてるのではないことがわかりますので。


●フェレットが好きなのでキャシーと話をしてみるよ。

↑だけと中まで入るのか?


なるほど、話しかけてほしい図書館員もいる例でした。

ユーモアのセンスのある図書館員は結構いるみたいですね。

【「この図書館の張り紙、とても気になるのだけど…」館内に入って確認したくなる文面】を全て見る