写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉大学医学部附属病院は10月12日、パーソナル・ヘルス・レコード(Personal Health Record:PHR)システム「SHACHI(Social Health Assist CHIba)」を開発し、運用を開始したと発表した。

SHACHIは、医療関連機関での情報共有に利用できるだけでなく、患者がスマートフォン(Android)を用いることで、すべての情報を閲覧、コントロールすることができるというもので、医療機関の判断によっては、紹介状や、診断書、入院記録などの重要書類を保存することも可能。また、患者自身で血圧や体重などといった健康に関する日々の記録をメモすることもできるようになっている。

(周藤瞳美)