まこみながじっくり語る! メジャーデビューシングル「てをつなごうよ」を120%楽しむ方法!

写真拡大

 

祝メジャーデビュー!

 

10月12日にCDシングル「てをつなごうよ」でメジャーデビューを果たした、まこみな

1
▲「てをつなごうよ」 CD通常盤  
 

CDには、別冊マーガレットの『てをつなごうよ』(目黒あむ著)1巻発売記念として書き下ろした新曲「てをつなごうよ」、配信デビュー曲の「キミがいてよかった」、初のオリジナルソングでもある「じゃんじゃジャーンダンス」の3曲が収録されるという豪華さ!
 

ということで、注目が集まりまくっている2人に直撃インタビュー!
作詞についてや、ダンスのポイント、意外なCDの活用法など、独占情報をぎっしり詰め込んでお届けします♪

 

 

大反響の声が続々!

 

――まずはメジャーデビューおめでとうございます! 「てをつなごうよ」は少女漫画のための書き下ろしということで、コラボバージョンのMVもかなり話題になっていますね!
 

 

みなみ:「私は少女漫画が大好きなので、とっても嬉しかったです。『てをつなごうよ』の世界観を考えながら、歌詞を書きました。MVを見ると、あらためて自分たちの曲が本当に使われているんだなって不思議な気持ちになります」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まこ:「このMVはヤバいですよね。公開直後からTwitterでもキュンキュンした、物語が面白そう、まこみなちゃんらしさもある、というコメントをいただけて嬉しいです」

 


――まこみならしさ、と言えばこのCDジャケットのファッションやヘアメイクのこだわりを教えて!
 

みなみ:「こちらはですね、まずトップスに『83』という数字があるので、みんなに“どうして83なの?”と聞かれるんですけど、なんと!83の意味は……! 無いんです(笑)。最近は“ハチミツだよ♡”って答えてます。可愛いから(笑)」
 

まこ:「他に83って言ったら、破産…、やくざ…、闇…etc.」
 

みなみ:「ハチミツでいきます‼ あとはスカートが短くて、低めのヒールなので動きやすいところと、お団子ヘアで私たちらしい元気さを感じてもらえたらと思います」
 

まこ:「ジャケット写真とは違うんですけど、最近イベントでは、このスタイルにまこみなの『M』をつけたチョーカーをしているので、ぜひチェックしてみてください」

 


――今回のダンスのポイントを教えて!
 

みなみ:「恥ずかしさを捨てて、歌詞にもあるように、大声で好きって言おう!という気持ちで踊ること! ラストの『甘く甘いこの恋〜』の手の動きは男性、女性、片思い、いつかは両想いになる♡という想いが込められているので、ぜひみんなもイメージしながら踊ってみてほしいです」


まこ:(拍手)「ノリと勢いが大事!」

 

「てをつなごうよ」を口実に…

 


――今回はラブソングだから、男女で踊るのもアリですよね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まこみな:「もちろんです!!」
 

みなみ:「両想いの人はもちろん、片思いの人はぜひ勇気を出して、好きな人と一緒に踊ってください。最後に手をつなげるんで! ナチュラルにボディタッチできちゃいます♡」


まこ:「最高!」

 


――ダンスの動画を撮るうえで、おすすめのアプリを教えて!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まこ:「『Perfect video』です! トリミング、倍速、ゆっくり、色味の変更、効果音、テキストも入れられるし、全部できるのでおすすめ!」

 


――すごい! ちなみにどうやってアプリの情報をGETするんですか?
 

まこ:「ひたすら検索して、ひとつずつインストールして、使ってみて、消して、残して、を永遠にやってます。今はPerfect videoに出会って、一途に使い続けてます」

 


――まこさんが動画編集をはじめたきっかけって?


まこ:「高1のとき、友達が教室でフィギュアスケートの選手のものまねをしていて、私が動画を撮っていたんです。どうしても本物の選手が使うような曲を入れたくて、いろんなアプリを探してたときに発見したのがミックスチャンネル。そこから面白くなってハマっていきました」

 

――双子ダンス初心者という方に向けてメッセージを!
 

みなみ:「仲よくなるきっかけになると思うので、仲よくなりたいな〜っていうコとぜひ踊ってみてください。音楽を決めて、振り付けを練習して、一緒に踊って、完成するまでの過程で、絶対に仲が深まると思います。私も最初は、まこはオープンザドアって感じの人じゃなかったので、こんなに仲よくなるなんて思わなかったです」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まこ:「会話しなくてもいいくらい仲よしだもんね」
 

みなみ:「家族を超えた家族みたいになってる!」

 

制作秘話が明らかに…!

 


――今回は作詞にも初挑戦されたんですよね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなみ:「はい。初作詞の『キミがいてよかった』はお互いに手紙を書くように作りました。私が好きなフレーズは『家族みたいなあたしたち こんなふうに思える誰かに 出会えるなんて思わなかった』という部分です。まこを思い浮かべて書きました。この曲を聴いてくれる人の中にも共感してくれる人がいたら嬉しいです」
 

まこ:「私の好きなフレーズは『やっぱり今日も、やばいやつ』。みなみは、『やばい』のひと言でしか言い表せないので(笑)」
 

みなみ:「作詞の裏話としては、レコーディングの日に、お互いが相手に向けて書いた手紙をプリントアウトして渡されたんですけど、私が1枚分で、まこが4枚分書いてたことが分かったんです! 次はもっと書かなきゃって思いました(笑)」

 


――まこさんはいかがでしたか?「少なっ!」って思いましたか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まこ:「その1枚にみなみの想いが詰まってるんだなって思ったので、何とも思わなかったです」
 

みなみ:「やっぱり、量より質♪」

 


――今回のメジャーデビューをはじめ、次々と活躍の場を広げているまこみなですが、普段から大切にしていることはありますか?
 

みなみ:「私たちは『どんなことも楽しむこと』を大切にしてます。心から楽しんでいる人は周りから見ても、輝いて見えると思うからです」
 

まこ:「何かを求めてるわけではなく、自分が楽しいと思うことをやり続けて、今ここにいます」

 


――辛さの乗り越え方を教えて!
 

みなみ:「おいしいご飯を食べること! 食べるのって楽しいし、辛いことも忘れられると思うので。甘いものと塩っ気のあるものがあったら最高です!」
 

まこ:「私は、人間はそんなときもあるから、それはそれでいい、というか。全力で辛さにぶち当たったらいいと思います。頑張れないときは頑張らない。また、少し経って頑張れることを見つけたらいい!」

 

 

今後のまこみなについて

 


――歌手としての夢はありますか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなみ:「わたしたちは歌手って感じじゃないんです。これまで通り、動画も撮り続けたいし、その中で歌わせていただく機会があったということで。でもいつかライブをするなら、大好きな地元の福島の畑と森がいいですね! お客さんは切り株のイスに座ってもらって、鳥とかクマさんも歌を聴きに来る、みたいなイメージで。畑は、まこみなーずで土を耕して作物を作って、作物の収穫の時期にライブをして、終わったらみんなで作った作物を食べる‼」
 

まこ:「2人で話していていきなり思いついた夢です」


みなみ:「誰もやったことのないことをやりたいのと、みんなで何かを作っていきたいんです。他にはギネスにも挑戦したいし、バンジージャンプもやりたいし、いろいろやりたいことがあります!」

 


――これはますます目が離せませんね! では最後にみんなへメッセージを!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなみ:「私たちのメジャーデビューシングル『てをつなごうよ』をぜひチェックしていただきたいです。よかったら双子ダンスを踊りながら聴いてみてください! これからもいろんなことに挑戦していきたいと思うので、楽しみにしていただけたら嬉しいです!」

 

 

独特な間で、笑いも交えてたっぷりインタビューにこたえてくれた、まこみなでした。

CDには元気をくれる楽曲がたくさん収録されているので、ぜひ歌声・ダンス合わせてチェックしてください♪

また「てをつなごうよ」で双子ダンスに挑戦する方は、仲よし友達、カップルはもちろん、ぜひ、仲よくなりたいあのコや、片思い中のカレを誘ってみてはいかがでしょうか♡


最後の最後にはプリでも使える最新の2人組ポーズを教えてもらいました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポイントは「前後のクロス感と真顔」だそう。
ぜひみなさんもやってみてください♡

 

 


▼まこみなオフィシャルサイト
http://makomina.com/
 

▼まこおすすめの動画アプリ『Perfect video』ダウンロードはコチラ
iOSはコチラ
Androidはコチラ