パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている松井洋子さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。洋子さんは、東京藝術大学を出て派遣社員として働いています。キノコのようなマッシュルームカットのボブに、激安衣料を扱っているという中野の『らこっと』で買った英文字が胸元に施されたカットソー、袖口に少し穴が開いているパーカ、洗いすぎで膝部分が色落ちしているジーンズに、履きつぶしたコンバースを合わせていました。

「あまりファッションに興味がないんですよ。スーツとかは冠婚葬祭の時しか着ませんね」

主なお金の使い道は、生活費のほかは漫画や画材代、交際費だと言います。

「国内外のアーティストが出入りするコミュニティーがあって、そこのイベント運営や、スタッフとしてお手伝いしています」

その風貌から天才肌に見える洋子さんは、大学卒業後、一度は就職したものの、現在は派遣を続けていると言います。今回は、高いスキルがあるのにどうして派遣で働いているのかを聞いてみました。

「実家は小さな工場で、販促の発送用のラベルとか印刷していましたね。意外とお嬢様というか、中学から女子校に進学しました」

藝大進学を志したきっかけは、高校の美術の先生との出会いでした。

「美術は得意な方だったんですが、みんなのサボりの時間になってたというか。美術の先生が、藝大卒だったんですよ。学校の規則で、先生はみんなネクタイしなければならないのに、美術の先生だけスタンドカラーのシャツを着てたり。なんかかっこよかったんですよね」

洋子さんは、進路を藝大一本に絞ります。

「先生が、放課後の時間を使って無償でデッサンをみてくれたんですね。成績も悪い方ではないし、周りからも期待されてたので、現役の時に(藝大に)受かるかなって思って」

夢中になると周りが見えなくなる性格だという彼女。

「行く気は全然なかったんですけど、滑り止めで受けた美大も落ちちゃって。なんか、美大に行きたいそぶりもなかった同級生が、別の美大に受かってたり。まあ、私はそんなレベルの低いところに行く気はなかったですが」

しかし、現実は厳しく浪人生活に突入することに。

「実は在学中から、先生と付き合っていたんですよ。それが親バレして別れさせられそうになって。でも、どうしても芸大に行きたいから勉強を教えてもらっているって親を説得して。藝大受験用の予備校にも2年通いましたが、結局、2浪しました。まあ2浪なんて藝大では平均くらいなんで、入ってからは気にならなかったです」

念願の藝大に入ると同時に、先生とは破局。しかし藝大での学生生活は充実していたと言います。

「自分は工芸科だったんですが、鍛金が専門でアクセサリーや、モニュメントを造ったり。卒展では、館内は撮影禁止なのですが、私の作品は撮影OKだったので、Twitterなどで画像がいっぱいアップされたんですよ!」

就活では“なぜ2浪したんですか”と質問されることが、思いのほか多かったそうです。

「おもちゃの造形をやりたくて就職活動をしたのですが、どこも全滅で。プレゼンはうまくいったと思うんですけどね。見る目がないというか」

50社ほどエントリーした中で、唯一採用になったのが藝大卒の入社は初めてだというデザイン事務所。

「社員数が4人ほどのデザイン事務所に入社しました。土曜出勤もある会社で、月末になると毎晩タクシー帰宅。月間の残業時間が80時間を超えていました」

作品を作るために、実家を出たという洋子さん。部屋は作りかけのオブジェや、工具で足の踏み場もないとか。

デザイン会社に就職して、社会人生活をスタートさせた洋子さん。彼女を待ち受けていたのは……!? 「才能が枯渇しそう」という言葉が口癖に……その2に続きます。