死者6人の「バス放火事件」は現代の格差社会でも起こりうる無差別犯罪【大量殺人事件の系譜】

写真拡大

 夜9時、新宿駅西口。帰宅を急ぐ人たちがバスに乗り込む。始発のバスが出発時刻を待つわずかな時間に、前代未聞の惨劇が起きた。後部扉からガソリンが投げ込まれ、車内は一瞬にして火の海に。6人が死亡し、14人が重軽傷を負う悲劇となった。

◆新宿西口バス放火事件(1980年)大量殺人事件の系譜〜第11回〜

 1980年8月19日、夜9時すぎの新宿駅西口は、雑踏に包まれていた。新宿発中野車庫行きのバス車内では、30人ほどの乗客が出発を待っていた。そこへ突然、男がガソリンと火のついた新聞紙を投げ込む。「バーンッ」という爆発音とともに、狭い車内は瞬時にして炎に支配され、阿鼻叫喚と化した。

 天井まで突き刺すような猛烈な火柱に、何が起こったのかわからず、逃げ惑う乗客。「熱い」「助けてー」と、絶叫が飛び交う。ようやく消し止められたバスの中から、無残にもほぼ炭化した遺体が見つかった。即死の3人だ。

 40歳の父親と8歳の長男は、野球のナイター観戦の帰りだった。もう一人は帰宅途中の21歳のOL。最後尾の席にいたこの3人は、男女の区別もつかないほど黒焦げになっていた。まさに「真夏の夜の悪夢」だった。

 他の乗客は車外に逃げ出したが、のちに3人が死亡。死者は計6人となった。重大な後遺症が残った人も含めて、14人が重軽傷を負った。中には、全身の80%を超す熱傷で死線をさまよった女性がいる。この事件で夫を失い、自身も重傷に苦しめられた妻もいる。

 車内の温度は、推定1800度近く。窓ガラスは高温で粉々に飛び散り、アルミ製の手すりは原型をとどめないほどに曲がっていたことが、火勢の凄まじさを物語っている。

 この無差別大量殺人の犯人は、土木作業員の丸山博文(当時38)。丸山はなぜ、凶行におよんだのか。そして、丸山とは一体どんな男なのか。

 1942年、福岡県北九州市で生まれた丸山は、1972年に結婚し子どもをもうけた。だが、妻が精神を病んだこと、子どもを施設に預けたことなどから自責の念にかられていた。子どもに毎月送金を欠かさなかったが、住所不定になり各地を転々とするようになる。子どもへの送金もままならなくなっていた。酒量が増え、精神を病んで入院していたこともある。

 やがて、感じていた自分の不甲斐なさが、世間への恨みに変換されていった。ねじれた恨みが募っていた事件当日、近くのビルの職員に野宿を注意され、「バカにされた」と思った丸山は、ガソリン4リットルを持ってバスに近づいた。

「バカやろう、なめやがって!」

 そう叫び、ガソリンと火のついた新聞紙をバスに投げ入れたのだ。現行犯逮捕された丸山は1986年、東京高裁によって無期懲役が確定、千葉刑務所で服役する。

 6人もの尊い命を奪い、その後に苦しんだ人も多い。極刑を望む声も多くあった。しかし、精神鑑定で丸山は次のように指摘された。

<犯行時、被害妄想、追跡妄想があり、飲酒による酔いが加わり、事の理非を判断する能力が著しく低下していた>

<生い立ちなどから、被害妄想や幻覚などに支配され、酒を飲んだ結果、妄想の抑制がきかなくなって引き起こした複雑酩酊による行為>

 これによって死刑は回避され、無期懲役が言い渡されたのだ。

 高度経済成長が安定期に入ったこの時期、それとは対極の暮らしを余儀なくされていた丸山。時代の潮流に乗り切れず、社会の底辺を這うような毎日を送り、次第に追い詰められていった末の事件。

 大火傷を負い後遺症に苦しんだ当時30代の杉原美津子さんは、不条理な事件ではあるが、丸山もまた、ある種の被害者だったのではないか、そんな解釈をしていた。丸山と面会し、手紙のやり取りをした。だが、1997年10月、丸山は刑務所内で首を吊って自殺した。杉原さんは、その著書『炎を越えて 新宿西口バス放火事件後三十四年の軌跡』で次のように述べている。

<どんなあやまちも、『償い』が、その過去を責めることから赦すことに替えていきます。赦すことが、被害者を救います。加害者の死は、被害者を捨て去る意味しかありません。被害者にとって、真の『償い』とは、加害者の精いっぱいに生きる姿です>

 事件から36年――。世の中は、変わっただろうか。丸山が起こしたような事件は、格差社会が広がる現代でも、引き起こされる可能性がある犯罪ではないだろうか。重い問いを投げかけてくるようである。 <取材・文/青柳雄介>