普通の「木のスツール」かと思いきやクッションみたいな座り心地!?  弾力性のある摩訶不思議な木製家具

写真拡大

ポーランドでデザインを学んでいる学生、エヴァ・ダルシット(Ewa Dulcet)さんが制作したスツールは、一見すると、シンプルな木製のスツール。しかし座るところを手でグッと押したとたん、ふわぁっと窪んでしまったではありませんか!

このスツールに使われた素材は、松でできた薄い板とゴム。木製であることに間違いはないのだけれど、注目すべきポイントは、板を細かなパーツに分けて切っている点です。

【なぜ弾力性があるのか】

小さくした板に穴を開け、ゴムでそれぞれをつなぎ合わせているので、座ったときに弾力性があるみたい!

木だと思って座った瞬間ブワンとたわんだら、ビックリして立ち上がってしまいそうです。なんともユニーク、ありそうでなかったアイデアに目からウロコ。こういった遊び心ってグッときちゃいますよね。

【お肉が挟まったりしないのかな?】

革新的かつグッドデザイン。だけど……これって、木と木の間に洋服の生地や、お尻のお肉やが挟まっちゃう心配はないのかしら? 

個人的にはどうしても、そこだけが気になってしまう……。まだ商品化される予定はないようだけれど、もしもお尻のお肉を挟んじゃう可能性がゼロじゃないなら、商品化のときにはぜひ改善していただきたい!

【座ってみた〜い!】

実際に目で見て、手で触れてみたくなる。美術作品のようなダルシットさんが作った木のスツールに、1度座ってみたいものですね!

参照元:Behance
Photo:Ewa Dulcet, used with permission
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る