「骨盤臓器脱」の大きな原因は出産(経腟分娩)によって骨盤の底を支える筋肉(骨盤底筋群)やその中の神経が傷ついて緩むこと (※写真はイメージ)

写真拡大

 骨盤の底にある筋肉が緩むことで膀胱や子宮、直腸などが腟口から出てしまう骨盤臓器脱(こつばんぞうきだつ)。中高年を中心に多くの女性を悩ませる病気だが、2016年4月に腹腔鏡下手術が保険適用となり、選択の幅が広がった。

 骨盤臓器脱は、骨盤内の膀胱や子宮、直腸などの臓器が腟壁を押す形で下がり、腟から出てきてしまう病気だ。出てくる臓器により、膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤などに分かれ、これらが単独または同時に出現する。

 症状は、股間に異物を感じる、下着とすれて炎症を起こし痛みが出るなどの直接的なもののほか、排尿や排便に問題が表れる間接的なものがある。

 大きな原因は出産(経腟分娩)によって骨盤の底を支える筋肉(骨盤底筋群)やその中の神経が傷ついて緩むこと。それにより臓器を吊るしている靭帯や筋膜が伸びてしまい、骨盤内の臓器のバランスが崩れ、臓器が腟から出てきてしまう。女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が閉経前後に低下することも要因となる。

 さらに、肥満や便秘があったり、重い荷物を持つなどで腹圧がよくかかる生活をしていたりすると、リスクが増大する。

 治療法は手術が中心。2010年に保険適用となった「経腟メッシュ手術」(TVM)が主流で成績もよい。また、14年には膀胱瘤の、16年4月にはすべての骨盤臓器脱に対する「腹腔鏡下仙骨腟固定術」(LSC)が保険適用となった。

 千葉県市原市に住む神崎節子さん(仮名・80歳)は、約2年前に肛門から直腸が出てしまう直腸脱が見られるようになり、おなかに少し力を入れるだけで尿もれが起こるようになった。近所の肛門科を受診したが、「高齢なので様子を見ましょう」と言われ、積極的な治療はしなかった。ところが症状は徐々に悪化、便ももれるようになり、尿が出にくくなってきた。

 神崎さんは心配した娘に付き添われて、今年4月に亀田総合病院を訪れた。担当した泌尿器科部長・内視鏡下手術センター長の安倍弘和医師は、問診と視診、超音波検査などをした。すると直腸脱にくわえ、骨盤臓器脱のひとつ、膀胱瘤の併発が発覚。尿道が折れ曲がった状態で排尿がほとんどできなくなっていたため、水腎症も起こしていた。

 神崎さんはすぐに入院となり、安倍医師は膀胱瘤と直腸脱を腹腔鏡下で同時に治療する手術(LSCと直腸固定術)を実施した。

 LSCは、腹部4カ所に小さな孔を開け、そこから内視鏡(カメラ)や鉗子などの器具を挿入して手術する方法だ。ポリプロピレン製のメッシュ(網)を腟の前と後ろに縫合し、メッシュの端を尻の骨の上部(仙骨岬角[こうかく])に固定、子宮頸部や腟の尖部を持ち上げる。直腸固定術は、直腸を引っ張り上げてメッシュを使い仙骨に固定する。

 神崎さんの手術は4時間強で、1週間で退院した。尿もれが少々残ったが、手術前より水腎症も改善、排便障害もなくなった。

 LSCは現在、欧米で最も多く実施されている手術で、再発率や合併症率の低さなどがメリットだという。安倍医師はこう説明する。

「神崎さんのように、膀胱瘤と直腸脱や鼠径ヘルニアなどを合併している患者さんは意外に多い。LSCは一度の手術で治療でき、しかも約1週間で元の生活に戻れます。性生活を大切にしている人、排尿障害がある人、再発による再手術の人などには、年齢に関係なくおすすめできます」

 一方、TVM(経腟メッシュ手術)は、股間から前腟壁と膀胱の間や後腟壁と直腸の間を切開し、メッシュを挿入。専用の針を皮膚から刺して、メッシュの一部を骨盤内の靭帯や筋膜などの硬い部分に通し、その端を股部や臀部で留める。

 TVMはメッシュが最小限になるように、また股部や臀部の切開創もできる限り小さく、少なくする方向に進化している。その理由の一つが、FDA(米食品医薬品局)からTVMに対しての注意喚起が2度もなされたことだ。

 米国ではメッシュの露出や感染、周囲臓器の損傷といった重篤な合併症が多く発生したため、TVMが減少し、LSCが増えた。しかし日本では、TVMを実施する医師の技術力が高く、合併症率は低いという。

「TVMは現在、日本で最も一般的な骨盤臓器脱の手術法で、欧米より再発率もずっと低い。熟練した医師の執刀で、その医師の得意とする手術法が患者さんの希望、たとえば子宮を温存したい、手術時間を短く、などと合うものであれば、満足のいく結果が得られると思います」(安倍医師)

週刊朝日 2016年10月21日号より抜粋