佐藤久美子・玉川大学大学院教授

写真拡大

■英語の授業に子どもは抵抗感がなかった

【三宅義和・イーオン社長】小学校英語ですけれども、2011年に公立の小学校に導入になりました。この年には東日本大震災があり、3月まで私もいろんなメディアから取材を受けました。ところが震災後は小学校英語の報道はほとんどなくなって、どういう反応、どういう状況で小学校英語が入ったのかと、よくわからない状況になりました。

佐藤先生は東京都町田市教育委員会の委託を受けて市内42校にカリキュラム配信をされるなど、小学校現場にも詳しいわけですが、小学校英語導入の際の学校の様子、あるいは先生、生徒たちの反応はどのようなものだったのでしょうか。

【佐藤久美子・玉川大学大学院教授】町田市の委託を受けたのはもうそれより少し前でした。というのは、町田市は09年から英語を必修にしました。それに備えて、07年からの2年間、教育委員会と現場の先生、校長先生方とワーキング・グループを作って、毎月議論を重ねたのです。その時は「英語より国語」っていう意見が、もう全員と言っていいほど多かったですね。

やはり、英語が何か特別なものという感じでしたね。担任の先生は「英語は教えないことを前提に小学校の教諭になったのだから、余計なものは増やさないでくれ」と言われました。そんな先生方を、24回の会議で説得したわけです。「英語って特別じゃないんですよ。コミュニケーション力をつけるっていうことですから、国語との共通点もたくさんあります。そもそも、そうした教育は、小学校の先生が一番お得意なはずです」と、もう一生懸命でした(笑)。

とにかく「英語の発音は心配はいりません。今はCDやDVDなど教材はいっぱいあります。先生が苦労する必要はない。でも子どもたちは英語ができたら嬉しいし、自信にもつながりますよ。だから、やってみましょうよ」と説得しました。そうしたら「じゃ、しょうがない。そのかわり、カリキュラムは全部作ってください。研修もお願いします」ということになり、それ以来、10年間、ずうっと指導案もカリキュラムも作り続け、研修もやっています。

【三宅】でも、その町田市の先生方は幸せですよね。ノウハウがなければ、カリキュラムを作ったりできません。佐藤先生のような専門家から指導を受けられるというのも、非常に有意義なはずです。

【佐藤】お陰さまで「ああ、これは便利でいいな」とだんだん広まってきました。ただ、子どもたちはまったくそんなことはなく、最初から「面白くて、楽しい」って言いました。歌をやっても楽しい、それからなんか絵本を読んでも楽しい、子どもは何をやっても楽しい。だから、子どもと大人はぜんぜん違い、抵抗感はなかったですね。

■英語を教えはじめ先生は明るく、若々しくなっている

【三宅】さて、小学校の英語導入から4年以上経ちました。現在の小学校の現場に、すっかり定着しているのでしょうか。また、子どもたちの変化や成果としての英語力という意味ではどうですか。

【佐藤】そうですね、変わりましたね。子どもたち、80%近くが「英語の授業が好き」って言っているし、ALT(外国語指導助手)の人を見ても積極的に話しかけますね。前は、逃げてしまった子どもたちが積極的になった。それから、中学校の先生たちの声ですが、「入学してきた段階で英語の発音がいい。それからきちんと自己紹介ができる、ずいぶん違う」と。そして何より、現場の先生が積極的になりました。小学校で英語を教えはじめた高学年の担任は、性格が明るく、若々しくなっています(笑)。

【三宅】それは素晴らしいですね。

【佐藤】このことは、クラス・マネジメントにもきっと好影響があると思っています。

【三宅】この8月に出た次期学習指導要領に対する中間まとめですが、やはり英語が注目を浴びています。本来なら「道徳の教科化」など、それなりにトピックがあるのですが、新聞を見ますと「英語が5年生から教科になります」ということが大きく取り上げられています。この流れを先生はどのように思われますか。

【佐藤】もちろん、とってもいいことだなって思います。私は小学校で英語を学ぶ意義というのは、子どもたちが自分の思いとか伝えたいことを人前で堂々と話せるようになることだと信じて疑いません。英語っていうのは、最初は通じなくても、大きな声で話そうとか、お友だちが話していることもしっかり聞いてあげようとか、前向きなコミュニケーションの基礎を養ってくれます。それができるというのは、素晴らしいことす。

それから、やはり子どももこれから大きくなって大学生や社会人になり、自分の夢の実現に、英語が武器になったら、可能性も広がっていくわけです。そういう意味でとっても注目されて、「みんなで英語をやろう」っていう機運は大切にしていかなければなりません。

【三宅】ただ、教科になりますと、成績評価されるようになるわけです。3年生から「英語活動」として英語に接してきて、楽しいと感じているところに、今度は「教科」になるわけですから、生徒も保護者も戸惑いもあるかもしれません。先生は、どう受け止めたらいいと考えますか。

【佐藤】他の科目と一緒だと思えばいいのではないでしょうか。何より、5、6年生になったら学習効果は測定できたほうがいいと思うんですよ。ですから、いつまでもゲームをやったり、楽しんでいるばかりでは、本当の英語力は身につかないですよね。やはり、基礎力はつけてほしい。そういう意味で学習効果が上がるんだから、お母さんたちは喜んでいいことだと思います。

ただ、やはり三宅社長がご指摘されたように、あくまでもコミュニケーションなんだから「中学受験の入試科目が増えた」と評価を気にし過ぎないでほしいですね。英語っていうのは話したり聞けたり、そういうところが大切なツールだということを絶対忘れないようにすべきです。

■小学校の英語授業はクラスルーム・イングリッシュ

【三宅】他の教科も小学校で習って中学校へそのまま持ち上がるわけですから。イーオンに来る子どもたちを見ていますと、やはりもう高学年になると、英語を読みたいし、書きたいのです。単に英語を楽しむだけではなく、単語もしっかり覚えたいし、きちんとした英文も書きたいわけです。

ところで小学校の先生方ですが、英語活動の推進に当たっては、もちろん大変な苦労もあったかと思うのですが、教科となると、これまでと違い、それなりのスキルも求められませんか。英語の教員免許や本格的な授業経験がないということについては心配ありませんか。

【佐藤】最初はそう受け止められている方が多いと思いますね。ただ、「じゃ、先生、算数ってとてもお得意でした?」と。一緒ですよね。しかも、理科でも社会でも、みんな教えられているじゃないですか。問題ありません。

【三宅】なるほど。「数学、好きでした?」はいいですね。

【佐藤】あとは会話ですから、話す場面っていうのが大切なわけです。「子どもだったらどんな場面で話したいかな、使いたいかな」と考えるのが一番得意なのが、小学校の教員だと私は思っています。例えば「How many……?」っていう表現がありますよね。机の上に5本鉛筆が並んで、「How many pencils?」って、これつまらないです。それよりも「給食のゼリーの数」にしてみる。もし、休んだ子がいたら余った分は食べられます。みんな、真剣に数えますよね。

私が、研修でよくやるのは、ペットボトルのキャップの掴み取りです。自由に掴んでもらいHow many caps?」って。「Three」とか「Five」と答えが返ってきます。そこで「Three plus five is……?」と質問すると「Eight」。「ほら、それ算数でしょう。先生、いつも算数でやっていらっしゃいますね。算数の中でも英語をこんなふうにできますよ」と言うと、「何だ、この程度ならできる」と思われます。ぜんぜん難しい英語は使っていません(笑)。

小学校の英語授業イコール、クラスルーム・イングリッシュや先生方の英語力ではありません。だから、肩肘張って考えずに、自然体で「子どもたちがどんな場面で使いたいか、いっぱいその場面を考えてみてください。そしたら、子どもたちは、やってみたい、話してみたいって気になりますよ」って話させてもらいます。

【三宅】そういうお話を、全国の小学校の先生方に聞いていただきたいですね。

【佐藤】はい。だから、あっちこっちへ行きます。小学校から要請があれば、どこへでも飛んでいきますから。私は唯一自信があるのは、研修が終わった時に「私でもできると思った方?」って問いかけると、ほとんど全員が手を挙げてくれます。それが研修なんです。それだけでいいんです。そうしたら、あとは先生方はプロなんですから、自由に考えてくれるはずです。幸い、いろんな教材もあるし、CDもありますから、心配いらないんです。

【三宅】安心しました。それを理解できた先生と、そうでない方とは、ぜんぜん違うでしょうね。まだ「自分の英語力を高めないと……」と大きなプレッシャーに悩んで「何をやればいいかな、うちのクラスは大丈夫かな」と頭を抱えていてもしかたありませんよね。

【佐藤】そうなんですよ。これまでずっと小学生を立派に指導してきた自信を思い出してください。

【三宅】本日はありがとうございました。

(三宅義和・イーオン社長 岡村繁雄=構成 澁谷高晴=撮影)