ダウンタウン・松本人志

写真拡大

13日放送の「秘密のケンミンSHOW&ダウンタウンDX合体3時間SP」(日本テレビ系)で、アンジャッシュの児嶋一哉が、かつて「人力舎の松本人志」と呼ばれていた過去が明かされた。

番組では「ニュースな芸能人」のコーナーで、司会のダウンタウン・浜田雅功が、ドランクドラゴンの鈴木拓からの児嶋に関するタレコミを発表した。そのタレコミの内容は「出会った頃の児嶋さんはクールで口数が少なく、センスでお笑いを取るタイプで『人力舎の松本人志』と言われていた」というもの。

驚きの声があがる中、浜田が続けて「しかし、途中から『あれ?口数が少ないのって、何も思いついてないだけじゃん…』と、みんなが気づきはじめ『ただの静かな人』だとバレてしまいました」「それ以来、児嶋さんは吹っ切れたように、大きな声で自分の名前を叫ぶ人になりました」と、暴露エピソードを読み上げる。

さらに「最近、一緒にスキーロケに行ったときなんか、一般のお客さんが普通に『あれ? 滑りに来たんですか?』と、聞いているのに(児嶋は)『スベってねーよ!』と、叫んでいました」と、何かと声を荒らげる児嶋の奇行までもが明かされてしまったのだ。

するとここでダウンタウンの松本人志が、ピンマイクも付けていないプライベートなときに、ロケで危険なことがあったことについて児嶋に「大丈夫か?」と声をかけたところ、児嶋から「大丈夫だよ!」と大声で叫ばれたことがあると語る。

大きな笑いが起きる中、児嶋は「もうほんとそれ」と自身のことながら呆れた表情を浮かべていた。

【関連記事】
アンジャッシュの渡部建に店を潰されたという先輩芸人が恨み節を連発
SMAP・中居正広の発言にアンジャッシュ・児嶋一哉が怒鳴りつける「止めろ!」
おぎやはぎ 芸歴が上のアンジャッシュ・渡部建を「クズ」と見下していた