バストアップとデトックス。ひとつで叶う「ジャムウ」って何?

写真拡大

美容もグローバルな時代。

「良いモノ」は、海を越えて、そして時代を超えてシェアされています。

そんななか、いま注目されているのが、バストアップとデトックスの両方に効果があるとされるインドネシア・バリ島の「ジャムウ」。

古代のインドネシアの宮廷女性が、美しい体を手に入れるためにこぞって取り入れていたとされる不思議なハーブです。

歴史は1000年以上。古代から伝わるジャムウ

はじまりは1000年以上も前にさかのぼる、といわれるほど、長い歴史を持つジャムウ。

インドの予防医学アーユルベーダが起源となっており、病気や治療のために現地で古代から伝わる民間療法ハーブの一種で、粉末やクリーム、オイルなど、様々な形で取り入れられてきました。

また、美容の面でとても重宝されていて、とくにバストアップとデトックスに高い効果があります。

塗るだけでハリのあるバストに

現代のインドネシア女性の間では、もはや生活の一部となっているほど広く浸透しているジャムウ。

なかでもとくに人気なのが、バストアップに効果があるといわれている『AWET AYU』のバストクリーム。

インドネシアに生息しているカメのオイルを配合しているジャムウで、胸に塗ってマッサージするだけでOK。塗るだけでグラマーになれるなら、いますぐ試してみたい! と思ってしまいます。

漢方薬よりも飲みやすく、デトックスに最適

クリームとは別に、インドネシアで最もポピュラーなのが、お茶として体内から摂りいれる方法。

脂肪燃焼に効果的なハーブが配合されているので、デトックス&ダイエットに最適なんです。

中国の漢方薬よりも香りがやさしく飲みやすいのが、広く愛されている理由のように感じます。実際に、一度インドネシアの友人にお土産でもらったことがありますが、癖がなく飲みやすい味でした。

先に紹介したバストクリームも、お茶も、日本ではこちらのサイトから購入することが可能です。

インドネシア女性が美しいワケ

オーストラリアにはインドネシア人も多く住んでいるのですが、言われてみれば、細身でグラマーな女性が多いように思います。それは、古代から代々伝わるジャムウの効果なのかも。

インドネシア女性の美の秘密に迫るべく、一度は試してみたい美容法です。

[BYRDIE, BYRDIE]

写真/Shutterstock