10月16日は牡羊座の満月 気後れする弱さを手放して、自分らしく生きよう!

写真拡大

 10月16日は満月です。満月は達成、成就の時。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう。

■今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】牡羊座
【満月になる時刻】10月16日13:23
【牡羊座満月のキーワード】「物ごとを始める力」「自分を信じる」「競争心」「スピーディーな行動力」「エネルギッシュ」……etc.

 牡羊座は12星座の最初に位置する星座。生まれたての生命を象徴し、新しく何かを始める力や開拓精神に満ちています。そして、「自分とは」という「ありのままの個性」を強調する星座でもあります。
 
 今回はそんな牡羊座エリアで、月が「改革の星・天王星」と重なった状態での満月となります。自分らしく生きるための革命を起こせるパワーが得られるチャンス。変えたいこと、始めたいことがある人は、このチャンスを生かしていきましょう!

■牡羊座満月にオススメの「手放しテーマ」

 満月の夜は、自分の無意識へと光が届くとき。今回の満月は、「行動できない自分」を手放すことに適しています。やりたいことができないでいる人は、自分の深いところを見つめて、その原因に光を当ててみましょう。

★牡羊座満月の手放しテーマ★
「過剰な競争心で人と自分を比べてしまい、失敗できないと思ってしまう」
「まわりの目が怖くて、自分を打ち出すことができない」
「物ごとを始めるのがおっくうに感じてしまう」
「自分のことが好きになれない」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

■牡羊座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は、下記のような牡羊座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。

★牡羊座満月の改善ワーク★
「自分らしく生きる決意をする」
「自分の衝動(始めたい・やりたい気持ち)を信じる」
「スピーディーな行動力を手に入れる」
「欲しいものは欲しいと素直に言える人になる」……etc.

 この日は、スポーツをしたりダンスをしたりと、身体を動かして過ごすのがオススメです。牡羊座の守護星は怒りや行動力を象徴する火星。身体を動かすことが火星のパワーを活性化させます。あなたの内なる火星を刺激して、牡羊座のエネルギーとつながりましょう。

 手放し&改善ワークは、月の光を浴びながら心の深いところまで月光がしみこんでいくイメージでおこなうのがオススメです。万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを感じてみてください。

 牡羊座の満月は人を興奮させ、攻撃的にする影響力を持ちます。ケンカなどにも注意が必要となる強いエネルギーですが、そのパワーを「自分を改革する行動力」へと変換していきましょう!
(永沢蜜羽)