スマホなのに映画館級の高音質!ZTEのSIMフリー端末「AXON 7」

写真拡大

ZTE ジャパンは10月13日、都内で新製品発表会を開催。Android搭載のSIMフリースマホとして、新モデル「AXON 7」および「AXON 7 mini」を国内向けに発表しました。最先端のサウンド技術「Dolby Atmos」をスマホとして初搭載します。

 

■ハイエンドの「AXON」シリーズから2機種

 

現在、ZTEが国内向けに展開するSIMフリースマホには、ハイエンドの「AXON」シリーズと、ミドルレンジを中心に展開する「Blade」シリーズの2つがあります。中にはNTTコムストアが「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットで販売する「gooのスマホ」として展開されているモデルもあります。

P1160393

今回発表されたのは「AXON」シリーズの最新機種2つ。5.5型フラグシップモデルの「AXON 7」と、5.2型の「AXON 7 mini」です。小売希望価格はそれぞれ5万9800円と3万9800円となり、2万円ほどの差があります。

P1160355 「AXON 7」(左)は5.5型でWQHD画質。「AXON 7 mini」(右)は5.2型でフルHD画質

 

P1160361 両機種の背面

 

P1160351 どちらも背面には指紋センサーを搭載。登録したアプリを素早く起動できる

 

P1160282 「AXON 7 mini」は5.2型。”mini”と言いつつも、大画面モデルに分類されるサイズ感だ

 

WS000353 SPEC比較。SIMスロットはナノサイズが2つ。片方はmicroSDスロットと共用

ちなみに、グローバルモデルでは「AXON 7」で6GB RAMが選択できることが話題になりましたが、国内向けに販売される予定はないとのこと。

■一番のこだわりは「サウンド」にあり

AXON 7シリーズはサウンドにこだわっています。具体的には、チューニング、ソフトウエア、ハードウエアの3点からアプローチが行われたとのこと。旭化成エレクトロニクスや、Dolby(ドルビー)との協力も強調されました。

筆者もタッチアンドトライ会場で試聴しましたが、確かに音質が素晴らしい。発表会では、Dolby Japanの社長である大沢氏が登壇し「スマホで映画を見ると、映画のなかに迷い込んでしまう体験ができるはず。従来聞こえにくかったセリフなどもはっきり聞こえる」と語っていましたが、まさにその通り。端末前面に搭載されたステレオスピーカーが充分に力を発揮していて、音の立体感を強く感じました。

P1160144 Dolby Japan代表取締役社長の大沢幸弘氏

 

こうした良音の秘訣は、搭載されている最新技術「Dolby Atmos」にあります。現在、一部の映画館などで採用されているオーディオフォーマットで、従来のようにひとつのサウンドを特定のチャンネルに割り当てるのではなく、「音声オブジェクト」としてチャンネルの制限を受けずに自由に移動させられる特徴があります。つまり、鳥が飛ぶシーンでは、実際に3次元の空間を音が移動するように表現できるというわけです。

P1160208 ゲストの平原綾香さんも「最初は疑っていたけど、(良い)スピーカーを持ち歩いているんじゃないかというくらいいい音だった。どのスマホもよくなってきているけど、これは飛び抜けていますね」と、音の良さに驚いた様子だった

 

一方、マイクの録音やヘッドフォン再生の音質にもポイントがあります。

旭化成エレクトロニクスの小瀧敬氏によれば、「A/Dコンバーター」と「D/Aコンバーター」の2つに高級オーディオ機器に使われてきたようなチップを搭載しているとのこと。

P1160102 旭化成エレクトロニクス、シリコンソリューション事業部 オーディオ&ボイス事業開発部の小瀧氏。「高級オーディオ向けのチップをスマホ搭載するのは、我々にとっても挑戦だった」と話した

 

「A/Dコンバーター」にはスタジオ録音に使われているチップ(7にはAK4961、7 miniにはAK4962)を採用。「D/Aコンバーター」には、10万円以上の高級オーディオ機器に使われるチップ(7にはAK4490、7 miniにはAK4962)が採用されています。

P1160112 アナログとデジタル信号の変換で機能する

 

これらこだわりの構造によって、ヘッドホンを接続して音楽を楽しむ際には、ひずみの少ないサウンドを実現できるそう。

また、ゲストの平原綾香さんは録音機能を使用した感想として「軽くシャウトしても音が割れない」と話していました。

P1160203 定番曲ジュピターをスマホで録音すると「胸のおくで〜〜」の”で”の部分で大抵音が割れてしまうが、AXON 7だと割れなかった

 

■光源を当てたときの柔らかい反射光に注目

端末のデザインは、ZTEのデザインチームだけでなく、外部のチームとも連携。ラグジュアリー・カーなどに使用されるG3曲線を用いている点が強調されました。

P1160316 AXON 7シリーズの筐体は曲線が美しく、艶消しのメタルボディは柔らかく光を反射する

 

素材には、航空機や自動車などにも使われる6000番台のアルミニウムを採用。強度が高く、腐食にも強いのが特徴です。

■カメラは2000万画素で光学手ブレ補正対応

搭載するカメラは高画素で、静止画はもちろんタイムラプス動画なども綺麗に撮影可能です。スペックには若干の差があり、「AXON 7」は光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正に対応。「AXON 7 mini」は電子式のみ対応します。また、7は2000万画素・F値1.8であるのに対し、7 miniは1800万画素・F値1.9です。

P1160348 AXON 7は光学手ブレ補正対応。マニュアル撮影も可能だ

 

■「Google Daydream」にも対応予定

OSはAndroid Mとなっていますが、第4四半期のうちに、Nへのアップデーとを予定しているそうです。つまり、Android Nに組み込まれる「VRモード」も使えるということ。ただし、ZTE製のヘッドセットが国内向けに提供されるかどうかは未定です。

P1160369 Android Nを搭載するフラグシップモデルでは「Google Daydream」というプラットフォームでVRコンテンツが提供される。会場には体験コーナーも設置されていた

 

■現在、先行予約中!

AXON 7シリーズはそれぞれ2色展開。先行予約開始は本日13日からで、発売日は21日となります。

P1160182 AXON 7は「イオンゴールド」と「クォーツグレー」、7 miniは「イオンゴールド」と「プラチナムグレー」の2色

P1160184 先行予約の取り扱いショップなど

 

取り扱いは、家電量販店およびオンラインショップにて。気になる人はチェックしてみてください。

ZTE >> http://www.ztemobile.jp/

[関連記事]
パッケージがVRゴーグルに!Alcatelの薄型SIMフリースマホが登場

3万円台で買える“ほぼハイエンド”SIMフリー機「ZTE BLADE V7 MAX」

1万円台は当たり前!コスパで選ぶSIMフリースマホは「ZTE」。

(文/井上 晃)

いのうえあきら/ライター いのうえあきら/ライター

スマートフォン関連の記事を中心に、スマートウォッチ、ウエアラブルデバイス、ロボットなど、多岐にわたる記事を雑誌やWebメディアへ寄稿。雑誌・ムックの編集にも携わる。モットーは「実際に触った・見た人だけが分かる情報を伝える」こと。編集プロダクション「ゴーズ」所属。