宝石職人の技術が光る電球「PLUMEN 003 LED LIGHT BULB」

写真拡大 (全7枚)

木の電球や薄い電球など、電球にもさまざまなデザインがありますが、今回はガラスの内側が特徴のアイテムを紹介します。



数多くの変わったデザインの電球を制作しているイギリスのブランド「PLUMEN™」が発表した「PLUMEN 003 LED LIGHT BULB」。ガラスの内側のデザインを追求し、工芸品のようなプロダクトデザインに仕上げました。




LED仕様なので1万時間使えるという優れものですが、どことなく白熱電球のような雰囲気がセクシー。



美しさのポイントは、ガラスの中に複数の「傘」を組み合わせたデザインです。

天井から吊るすとスポットライトのように光を放ち、周辺にはほんわかした優しい灯りを演出してくれます。



プロダクトの制作にあたり、PLUMEN™では宝石関係の人材をリクルート。宝石のように細やかなテクスチャをあしらった傘が誕生しました。



エレガントで美しい電球「PLUMEN 003 LED LIGHT BULB」は現在プレオーダー受付中で、11月頃には発売される見通しです。

PLUMEN 003 LED LIGHT BULB [PLUMEN]
PLUMEN 003: THE WORLD’S MOST BEAUTIFUL LIGHT BULB? [Design Milk]