【心理テスト】イタい歴史にジタバタ…!あなたの「過去の思い出」依存レベル

写真拡大

あなたは思い出に浸ることがありますか?

頭では「私は前しか見ない!」と思っていても、つい頭をよぎることもあるのではないでしょうか。

今回の心理テストでは、あなたの“過去の思い出の依存レベル”と、思い出の傾向がわかります。

直感で、以下の選択肢からひとつ選んでください!

Q. 博物館へ行ったあなた。次の中で一番じっくり見た展示品はどれですか?

A.ミイラ

B.古代の文字が書かれた石板

C.恐竜の化石

D.歴史的価値の高い武器

A.「ミイラ」を選んだあなたは……

「過去振り返り度90%! 今よりも昔は良かった!?」

ミイラが示すのは残しておきたいもの。あなたが覚えているのは、自分にとって良かった思い出ばかり。じつは、イヤな思い出もいつの間にか良い思い出にすり替わっているのかも。そして、ことあるごとに昔を振り返っては思い出に浸っているようです。過去振り返り度はナンバー1。恐らくあなたは、過去に逃げ込むことで現実とのバランスを取っているのでしょう。

B.「古代の文字が書かれた石板」を選んだあなたは……

「過去振り返り度50%! 基本的には今までの人生の検索」

古代の文字が書かれた石板が示すのは記録。あなたが過去を振り返るのは昔のデータを調べるような感覚。最近自分の身に起こったことが、過去に体験したことではないか、その時どう対処したのか、久しぶりに会ったあの人との共通点は……というように思い出を辿るのです。ただ、恋愛については過去のデータがあまり役立たないことが多いかもしれませんね。

C.「恐竜の化石」を選んだあなたは……

「過去振り返り度20%! 過去のことを忘れがち」

化石が示すのは風化。これを選んだあなたは、ほとんど過去を振り返らない人。前向きになりたいから振り返らないのではなく、あまり覚えていないから、というのが正直なところ。友だちや先輩と思い出話をしていると「そうだったっけ?」と思うことがよくあるのでは? ただ、過去を振り返らない分、常に新鮮で、昔した過ちを繰り返すこともありそう。

D.「歴史的価値の高い武器」を選んだあなたは……

「過去振り返り度65%! 思い出の中に古い傷が」

武器が示すのは消えない痛み。あなたの心の奥には、ずっと忘れることができないイヤな思い出が存在しているみたい。この過去の体験がトラウマになっているケースも考えられます。ふとしたきっかけで記憶が蘇り、ショックを受けてしまうことも。消えづらいココロの傷は、もっと奥に押し込めるか、勇気を持って向き合うかで対応するしかないかも。

今回の心理テストは、あなたの“過去の思い出の依存レベル”でしたが、いかがでしょうか?

いい思い出は味方につけ、嫌なことは忘れて、前に進んでいきたいですね!