<台北2016国際切手展>21日から  中国大陸は不参加/台湾

写真拡大

(台北 13日 中央社)世界各地の郵便切手を紹介する国際切手展「PHILATAIPEI 2016」(台北2016世界郵展)が10月21日から同26日まで、台北市内で開かれる。中華郵政は、世界80カ国・地域の郵便事業者らが出展するとしている。

台湾で世界規模の切手展が行われるのは初めて。テーマは「伝承と革新」。郵便の歴史と台湾文化の融合を出発点に、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)技術を駆使した展示などが行われる。

中華郵政によると、中国大陸の郵政事業者にも招待状を送ったものの、返答がなかったという。ただ、香港とマカオは参加するとしている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)