開発者自らの手でバラバラに!「PlayStation VR」解体ショー

写真拡大

10月13日に発売された「PlayStation VR」。その開発者自らが、ドライヴァー1本でヘッドセットを解体していく動画が、ちょっとした話題を呼んでいる。

「PlayStation 4」対応のVRシステム「PlayStation VR」が、本日10月13日に発売された。

「開発者自らの手でバラバラに!「PlayStation VR」解体ショー」の写真・リンク付きの記事はこちら

今年前半にはOculus Rift、HTC Viveといった他社のVRゲーム機器も発売されたが、PSVRの本体価格がそれらのおよそ半分の44,980円であること、また今年5月にはPlayStation 4世界累計販売台数が4,000万を超えたこともあり、その成否に注目が集まっている。

そんななか、開発者自らがPSVRをひたすら解体していく動画がYouTubeにアップされ、ちょっとした話題になっている。解体を行っているのは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの荒木孝昌。PSVRのハードウェア開発にかかわった人物だ。

多くの場合、新製品はその発売とともに解体される運命にある。これもそんな動画のひとつにすぎないのかもしれないが、1本のドライヴァーとピンセットで手際よくヘッドセットが解体されていく様子には、思わず目を奪われてしまう。

RELATED