韓国の尹炳世外相は13日、従軍慰安婦問題をめぐり日本に対して「心に訴える分野での努力がもう少し必要」と発言した。共同通信が報じた。

 尹氏は、安倍首相が慰安婦問題で「おわびの手紙」を出すことは「毛頭考えていない」と述べたことについて、「韓国国民の心を傷つけた」と述べた。また、手紙での謝罪表明のような措置は日本自身の判断で「いつでもできる」とも語った。

慰安婦問題、日本は努力必要 「おわびの手紙」拒否で、韓国(共同通信)