「薬の開発が待ち遠しいニャ〜」

写真拡大

猫の飼い主にとって最も怖い病気が腎臓病だ。猫はほかの動物に比べ、腎不全で死ぬ割合が突出して高いが、原因は謎だった。

東京大学の宮崎徹教授(疾患生命科学)らの研究チームが、ほかの動物では腎不全を防ぐために働くタンパク質が、猫では働かないことを突きとめ、科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)の2016年10月12日号に発表した。今後、猫の腎臓病の治療薬の開発に役立つ発見だ。

水をあまり飲まない猫は尿が濃く、腎臓に負担

腎臓は、血液中の老廃物をろ過し、尿として排出する役割がある。腎不全とは、この機能が働かなくなり、体中に老廃物がたまり様々な臓器に障害が起こる状態をいう。東京大学が同日付で発表した資料では、猫の腎不全による死亡率はずば抜けて高く、「5〜6歳頃に尿管結石や腎炎などによる急性腎障害にかかった後、腎機能が回復しないまま慢性腎不全、尿毒症となり15歳前後で死ぬケースが多い」と書かれている。

猫が腎臓病になりやすい理由については、たとえば犬猫専門サイト「ペット生活」の「なぜ猫は腎不全になりやすいか?」では次の3つをあげている。

(1)猫の先祖はアフリカのリビア砂漠が原産地。雨が降らない環境を生き抜くため、尿を強力に凝縮し、水が少なくても生きていける体になった。普段、あまり水を飲まず、尿が濃いため腎臓に負担をかけている。

(2)猫は肉食動物なので、ほかの動物より多くのタンパク質をとる。タンパク質は代謝される過程で多くの老廃物を作り出してしまう。

(3)腎臓には「ネフロン」と呼ばれる組織の基本単位があり、血液をろ過して尿を作っている。猫のネフロンの数は約40万個しかない。犬の約80万個、人間の約200万個に比べ、かなり少なく、腎機能が低下しやすい。

腎不全を防ぐタンパク質を活性化させる

しかし、腎不全を発症する具体的なメカニズムはよくわかっていなかった。

研究チームは、人間やマウスでは、血液中にある「AIM」というタンパク質が、急性腎不全で腎機能が低下すると活性化し、腎臓内の尿の通り道にたまった老廃物を掃除する働きをすることに着目した。そこで、猫のAIMの働きを調べるため、急性腎不全を起こさせたマウスに猫型に変えたAIMを注射すると、予想通り、老廃物を除去することができず、大半が死んだ。猫型のAIMではなく、マウス型のAIMを注射すると、8割が生き残った。つまり、猫のAMIは急性腎不全になっても働かないことを突きとめたわけだ。

もともと猫のAMIの量は人間やマウスより多い。このAMIを働くように活性化させれば、腎臓病の予防や治療につながり、猫の寿命をもっと伸ばせることができるという。