テディーズビガーバーガーで紫イモの自家製マッシュポテト入りの「ハロウィンバーガー」を食べてみた!

写真拡大

テディーズビガーバーガーで紫イモの自家製マッシュポテト入りの「ハロウィンバーガー」を食べてみた!

お化けカボチャが街にあふれる10月31日の「ハロウィン」が近づいてきた。多くのカフェ、レストランでは秋になるとカボチャにちなんだ限定メニューが登場する。ハワイから上陸した人気バーガーショップ「テディーズビガーバーガー」でも見た目に楽しい「ハロウィンバーガー」を提供中だ。

■アロ〜ハ〜、ハワイのNo.1バーガー

訪れたのは東京・表参道にあるハワイアンカフェ&ダイナー「テディーズビガーバーガー表参道店」。入り口付近のテラス席は残念ながら改装中だったが、まるで海辺のレストランを思わせる内装がリゾート地に来たみたいでウキウキしてくる。「アロ〜ハ〜、いらっしゃいませ〜」。スタッフが笑顔で迎えてくれた。

さっそく「ハロウィンバーガー」(税別980円)を注文。バンズに紫イモのパウダーをまぶしてお化けカボチャを装ったハンバーガーが運ばれてきた。サイズも大きく迫力もある。カボチャなのに紫イモとは? 食感は似ているし細かいことは置いておき、まずは食べてみよう。

あまり使い慣れていないナイフとフォークでハンバーガーを切る。紫イモで作った自家製マッシュポテトがサンドされていると聞いたので、甘みが前面に出たハンバーガーなのかと思いきや……。

高火力グリルで焼き上げた100%USビーフを使ったパティに、厳選された15種類からなるスーパーソース。16年連続でベストバーガー賞に輝いているハワイNo.1バーガーの味は損なわれていない。紫イモを使ったマッシュポテトの甘さとも絶妙なハーモニーをみせてくれていた。結果、10分かからずに完食していた。これは旨い!

■グルテンフリーのアボガドわさびバーガーも

これだけでも食べ応えは充分だが、痩せの大食いである筆者はまだまだいけそうだ。さらに「アボガドわさびタルタルグルテンフリーバーガー」(税別1,130円)も注文する。米粉100%のバンズを使用したグルテンフリーの食材は、食欲を抑えることでダイエット効果が期待できるという。バーガーは2つ目だし丁度良い(?)。

今度は手づかみでいただく。もちもちした米粉で作ったバンズが、しょうゆとわさびを加えた和風タルタルソースで和えたアボガドと最高の組み合わせだ。もちろんビーフも。森のバターと呼ばれるアボガドだが、わさびじょうゆで食べるとサッパリしており、日本酒にピッタリのつまみになる。おっと、これは酒飲みなら誰でも知っていることだったね。そんなことを思いながらパクついていると、こちらもあっという間に完食。プラス100円でふつうのバンズを米粉のバンズに替えることもできるそうだ。

なお、「ハロウィンバーガー」は10月31日までの期間限定販売となる。取扱店舗は表参道店のほか、横浜港北店、横浜ワールドポーターズ店なので、お近くにお住まいの方は足を運んでみては?

最後に「教えて!goo」では、「ハロウィンに食べたい料理は?」ということで皆さんの意見を募集中だ。

【店舗情報】
「テディーズビガーバーガー表参道店」
住所:東京都渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビル2階
営業時間:午前11時〜午後11時、年中無休

(武藤章宏)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)