キッスの衣装や楽器など秘蔵アイテム100点がラフォーレ原宿に集結「KISS EXPO」が開催

写真拡大

 4人組の米ロックバンド キッス(KISS)のメンバーが所蔵するメモラビリアを公開するエキシビジョン「KISS EXPO TOKYO 2016 〜地獄の博覧会〜」が、10月13日にラフォーレミュージアム原宿でスタートする。会場内にはメンバーが実際に使用した衣装や楽器をはじめとする約100点の展示物を通じて、42年間の活動の歴史を辿る。 「KISS EXPO」が原宿で開催の画像を拡大

 「KISS EXPO TOKYO 2016 〜地獄の博覧会〜」は、キッスのメンバーが全面協力する公式プロジェクトとして企画され、バンド活動の歴史を網羅した展覧会は今回が世界で初めての開催となる。会場では、1979年に最高位9位を記録したアルバム「地獄からの脱出 Dynasty」の発売に合わせて開催したツアーでポール・スタンレーが着用した紫のコスチュームや、2002年のソルトレイクシティ・オリンピックの閉会式でパフォーマンスした4人分の衣装のほか、1970年代にジーン・シモンズがライブで愛用していた世界で2足しかないドラゴン・ブーツ、1977年の初来日公演時にUDO音楽事務所から贈られたピーター・クリスの所蔵品のスカジャンといった貴重な衣装を多数展示。奥にはメンバー所有の楽器に触れられるミニ・ステージセットに加えて、ポール・スタンレーやジーン・シモンズの自宅をVRでバーチャル体験できるスペースが設置された。また、X JAPANのYOSHIKIとのコラボレーション展示や、ジーン・シモンズが幼い頃からファンと公言している鉄腕アトムとのコラボレーション絵画の展示も実現。物販スペースではTシャツなどの会場限定グッズが販売される。 同展覧会の開催にあわせて、ジーン・シモンズが来日。メイクを施さず、黒を貴重にしたシンプルなベーシックスタイルで会場に登場した。秘蔵のアイテムが詰まった同展覧会は「夢の集大成」と表現し、「家族と共に見に来て欲しい」と呼びかけた。会期は10月31日まで。■KISS EXPO TOKYO 2016 〜地獄の博覧会〜会期:2016年10月13日(木)〜10月31日(月) 11:00〜21:00   ※初日10月13日(木)の開場時間は18:00〜21:00   ※最終入場は20:00会場:ラフォーレミュージアム原宿   東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階料金:一般チケット 1,600円   学生割引チケット 1,000円(中学・高校生が対象)   ※小学生以下は入場無料   ※いずれも税込公式サイト