「新品のMacを開封した時の香り」がするキャンドルが登場! 匂い検証した動画によると ‟近い何か” を感じ取れるらしい

写真拡大


こよなくMacを愛し、アップルの製品を信奉するユーザーに、ぜひおススメしたい商品が登場した。なんと、「新品のMacを開封した時」の香りがするキャンドルがネットで話題になっているというのだが、どんな香りなのか検証した動画を紹介したいと思う。

24ドル(約2480円)もするキャンドルが、すでに売り切れになっているというから、かなり良い香りがすることは間違いないようだ。

・「新品のMacを開封した時」の香りがするキャンドルが登場!

「新品のMacを開封した時」の香りがするキャンドルを生み出したのは、アップル製品専用のアクセサリーを制作する「Twelve South:トゥエルブ・サウス」社だ。

2016年9月に発売開始されたiPhone 7のリリースに合わせて、同社の共同創設者アンドリュー・グリーン氏が、アップル製品のファンが、Mac製品を開封した時の恍惚感を味わえるキャンドルを作ったら、面白いのではないかと思い立ったという。

・iPhone 7の箱を開けた時の香りに近いものはある!

「New Mac:ニュー・マック」と名付けられたキャンドルは、大豆油を原料としたソイワックスを使用していて、燃焼時間は45〜55時間。新品のMac製品の香りを作り出すために、ミントと桃、バジルとラベンダー、セージとマンダリンが使用されている。

ニュー・マックキャンドルの香りを検証した動画では、キャンドルのフタを開けただけでも、しっかりと匂いが漂って来ると紹介されている。そして、買ったばかりのiPhone 7の箱を開けた時の香りとキャンドルの匂いを比較したところ、全く同じという訳にはいかないが、近い何かを感じ取れるとのこと。

・フレッシュな芳香を楽しめるニュー・マックキャンドル

そして、キャンドルに火を点けると、とにかく清潔感を感じる強い香りが立ちこめ、「新品のMacを開封した時」の匂いも少し感じながら、フレッシュな芳香を楽しめるそうだ。

すでに、ニュー・マックキャンドルは売り切れとなっているが、トゥエルブ・サウス社は再び同製品を生産する予定である。なので、アップル製品や、Macをこよなく愛する友達などへのプレゼントに、ぜひ検討してみてはどうだろうか。

参照元:YouTube、PC、Twelve South(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る