さば、さつまいも、ごぼう…秋の味覚を一度に楽しんで!/調理=コウ静子 撮影=千葉充

写真拡大

秋が旬のさばを、季節の根菜と一緒に楽しみませんか? さつまいもやごぼうなど一度に使いきれずに、少しずつ残っている場合にもおすすめ。子どもが大好きな甘酢風味に仕上げるので、魚が苦手という子にもおすすめ。パパのお弁当に入れても喜ばれること間違いなし!

【写真を見る】さばは少ない油で揚げ焼きに。皮目から入れてこんがり色づいたら上下を返して/調理=コウ静子 撮影=千葉充

【さばの揚げ焼き 甘酢風味】(1人分403Kcal、塩分2.1g、調理時間25分)

<材料・2人分>さば(半身)1枚、下味(しょうゆ・酒各小さじ1、こしょう少々)、さつまいも100g、ごぼう1/2本、合わせ調味料(酢大さじ2、砂糖大さじ1 1/2、しょうゆ・酒・水各大さじ1)、片栗粉、サラダ油

<作り方>

(1)さつまいもは皮つきのままよく洗い、1cm厚さの輪切りにし、水に約5分さらして水けをしっかりきる。ごぼうはたわしでこすり洗いし、長めの乱切りにして水に約5分さらし、水けをしっかりきる。さばは骨を除いて6等分のそぎ切りにし、下味を軽くもみ込む。すべて片栗粉を薄くまぶす。

(2)フライパンに1cm深さの油を中温(約170℃)に熱し、さつまいもを入れる。時々返しながら2〜3分揚げ、カラリとしたら取り出して油をきる。ごぼうも入れて同様に揚げて油をきる。続いてさばを皮目から入れ、途中上下を返して揚げ焼きにする。こんがりと揚げ色がついたら取り出して油をきる。

(3)フライパンをきれいにし、合わせ調味料を入れて火にかける。煮立ったら2を加えてさっとからめる。東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】