米国でマリファナ合法化を支持する国民が57%に 10年間で世論逆転

ざっくり言うと

  • 米国の世論調査で、大麻使用の合法化を支持する国民が全体の57%に達した
  • 10年前の賛否の比率は賛成32%反対60%で、わずか10年の間に世論が逆転
  • 11月8日には各州で、嗜好用マリファナの合法化を問う住民投票が実施される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング