【どっちのミカタ?】ピースの綾部はアメリカで成功する?8割が○○と回答!

写真拡大

世の中を騒がしているニュースに対して、日本の国民は、本当は「どっちのミカタ(味方・見方)」をしているのか?アンケートを取って検証する企画「どっちのミカタ?」。

10月8日、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二が、都内で緊急記者会見を行い、来年4月からアメリカ・ニューヨークを拠点に活動することを明らかにした。
綾部は、「2年3年かけて英語を取得して。コメディアンとして行って、最終的はハリウッドスターになって1回でいいからレッドカーペットを歩きたい」と野望を明かした。ちなみにピースは解散しない。

そこで今回のテーマは、ピースの綾部はアメリカで成功する?失敗する?
結果は、ご覧の通り・・・

(n=581)

「成功する」と答えた人は106人。「失敗する」と答えた人は475人と、全体の約8割の人が「失敗する」と回答した。

「成功する」と答えた人の意見は、こちら!

「『成功』して欲しい。30歳を過ぎて『夢』を追いかけられるのはとても羨ましい事だと思う。現実の問題で時間に追われている現状の自分。職を捨ててまで『夢』を追いかける勇気がないです。。。」(34歳/男性/会社員)

「今の私には何も夢も野望もないので、すごくうらやましいです。是非、そんなの無理だよっていう世論の声を裏切る活躍をして日本に凱旋してほしいと思います。応援したいです。」(31歳/男性/アルバイト)

「命がけの志あれば、江戸、明治初期の偉人達と一緒で、必ず成功できる。アメリカのお笑いを単に真似せず、日本のお笑いと欧米式お笑い、自身のお笑い思想の融合から、第三のお笑いを創造することが成功への道と思う。」(61歳/男性/会社役員)

「ぜひ成功して日本に帰ってきてほしい。渡辺謙さんのようになることを期待してます。成功するまで日本に帰らないつもりでやってほしいです。」(59歳/女性/自営業)

「何年か前に『アメリカに行きたい』と何かの番組で言っていたような記憶があるが、その夢に向かって頑張っているのだと思うと、有言実行の人なんだと思った。」(35歳/女性/専業主婦)

「失敗する」と答えた人の意見は、こちら!

「真田広之や、渡辺謙等の俳優のように、演技がとても上手いというレベルには達していないばかりか、顔が2枚目以下だから主役級の俳優にはならず、成功するとは思えないから。」(31歳/男性/会社員)

「逃げたんでしょ。『留学』と言って出た人で成功した芸能人を見たことが無い。というか、1か月程度で日本に極秘帰国して隠遁生活するんじゃないですか。」(44歳/男性/会社員)

「お笑い芸人としても特出したものを持っているわけでもなく、役者としてもハッと目を見張る様な演技力も特に見当たらない人が、今まで日本でも大きく芽が出ていないのにアメリカに渡ったからと言って到底成功するとは思えない。」(37歳/女性/専業主婦)

「チャレンジする以上は是非成功してほしいと思うが、英語をマスターして現地の生活になじむこともなかなか難しい上に、エンターテイメントで成功させることは日本以上に厳しいと思う。」(64歳/女性/会社役員)

「目的が曖昧過ぎる。しっかりした強い気持ちでチャレンジしてもうまくいかない人がほとんどなのに、その程度の考えで行って成功するほど甘くない。言っていることが子供みたい。」(33歳/女性/専門職)

今回は、このような結果になりましたが、みなさんはどっちのミカタですか?

(written by けいぼう)