写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは、企業スローガンを「Be Original.」へと変更し、今後、CMなどで活用していくことを明らかにした。

これまで同社は「目の付けどころがシャープでしょ。」などの企業スローガンを掲げてきたが、今回のスローガンは、新たな体制のもと、2016年を次の100年に向けて一歩を踏み出す年として考え、その中でシャープが何を今するべきか、社員も顧客も理解し、確認するための強いメッセージが必要であるとの判断から生み出されたという。

Be Original.という言葉には、

・「シャープは、これからもシャープです」といった、創業の精神が今後も変わらない「原点(オリジナル)」であり、不変である
・「人に寄り添う」というブランドビジョンの下、あなたのための「オリジナル」を創り続ける

という2つの思いが込められているという。

なお、同社では、今回のスローガンを掲げるに当たって、「今一度、ブランドを私たち自身で磨き上げ、グローバルで輝かせるために『日々の暮らしの場』、『ビジネスの場』を問わず、私たち全員がお客様の気持ちに寄り添い、お客様一人ひとりが、自分らしさを実現でき、自分らしく生き生きと働ける。そのような商品やサービルを提供し続ける姿勢を持ち続け、シャープらしいオリジナリティある価値を実現して参ります」とコメントしている。

(小林行雄)